Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想9月

0903waterfalls-744768_1280
人は、自制に優れた度合いに応じて知識に優れ、己に優れ、世界における影響力に優れます。

自然の力は偉大ですが、人のマインドを構成し、無自覚で力学的な自然の力を支配し方向づける高度な知性を備えた力の結合にはとても敵いません。それ故に、激情、欲求、意志、そして知性という内面の力を理解し、コントロールし、方向づけることは、人と自然の運命を所有することなのです。

自然現象の力を理解して支配する人は自然科学者ですが、マインドにおける内面の力を理解して支配する人は神聖の科学者です。そして、外側の現象に対する知識を深める中で作用する法則は、内面の真理に対する知識を深める中でも作用します。

知識が行き着くところは貢献であり、奉仕であり、世界の安楽と幸福の増大です。


A man is great in knowledge, great in himself, and great in his influence in the world, in the measure that he is great in self-control.

Wonderful as are the forces in nature, they are vastly inferior to that combination of intelligent forces which comprise the mind of man, and which dominate and direct the blind mechanical forces of nature. Therefore, it follows that to understand, control, and direct the inner forces of passion, desire, will, and intellect, is to be in possession of the destinies of men and nations.

He who understands and dominates the forces of external nature is the natural scientist; but he who understands and dominates the internal forces of the mind is the divine scientist; and the laws which operate in gaining a knowledge of external appearances operate also in gaining a knowledge of internal verities.

The end of knowledge is use, service, the increase of the comfort and happiness of the world.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0902poverty-4561704_1280
人々は貧困によってではなく、富を渇望することで不幸になるのです。

原因があるところに結果が現れます。もし裕福であることが不道徳さの原因であり、貧困が退廃の原因であるならば、金持ちは一人残らず不道徳になり、貧乏人は一人残らず退廃することになります。

悪人は、金持ちであろうが貧乏であろうが、金持ちと貧乏の間の中流であろうが、どんな状況下でも悪事を働きます。正しい人は、どんな場所にいたとしても正しい行いをします。極限の状況が、ひっそりとその機会を待っていた悪を引き出す手伝いをすることはあるかもしれませんが、状況には悪の原因となることも、悪を作り出すこともできません。

貧困は、お財布の中よりもマインドの中にあるものです。より多くのお金を渇望する限り、人は自分自身を貧しい者とみなし、その意味においてその人は貧しいのですーーなぜなら、欲張りはマインドにおける貧しさだからです。

ある欲張りな人が百万長者だったとしても、その人は無一文であるように貧しいのです。


Men are not made unhappy by poverty, but by the thirst for riches.

Where there is a cause its effect will appear; and were affluence the cause of immorality, and poverty the cause of degradation, then every rich man would become immoral, and every poor man would come to degradation.

An evil-doer will commit evil under any circumstances, whether he be rich or poor, or midway between the two conditions. A right-doer will do right howsoever he be placed. Extreme circumstances may help to bring out the evil which is already there awaiting its opportunity, but they cannot cause the evil, cannot create it.

Poverty is more often in the mind than in the purse. So long as a man thirsts for more money he will regard himself as poor, and in that sense he is poor, for covetousness is poverty of mind.

A miser may be a millionaire, but he is as poor as when he was penniless.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0901jackson-david-WUydTfaP3t4-unsplash
有益で幸福な人生か否かを健康に頼るのは、物質をマインドに優先させることであり、心を肉体に従属させることです。

強固なマインドを持つ人々は、たとえ体調が優れなくても思い煩わず、まるで不調がないかのように無視し、励み、生活を続けます。このように体を物ともしないことは、マインドを健全で力強く保つだけでなく、体の癒しにとっても最善の方策です。もしも完璧に健やかな体を持てないのであれば、私たちは健康なマインドを持つことができ、健康なマインドは健やかな体への最善の道なのです。

不健康なマインドは不調な体より憂慮すべき問題であり、体の病につながります。精神薄弱は、体が病弱であるより哀れな状態です。(どの医師も知っていることですが)病人の中には、自分自身を強く、無欲で、幸せな気分に持ち上げるだけで、自分の体が健康で達者なことに気づく人々がいるのです。

道徳の原則は、幸福にとっても健康にとっても最も確かな基盤です。


To make a useful and happy life dependent upon health is to put matter before mind, is to subordinate spirit to body.

Men of robust minds do not dwell upon their bodily condition if it be in any way disordered—they ignore it, and work on, live on, as though it were not. This ignoring of the body not only keeps the mind sane and strong, but it is the best resource for curing the body. If we cannot have a perfectly sound body, we can have a healthy mind, and a healthy mind is the best route to a sound body.

A sickly mind is more deplorable than a disordered body, and it leads to sickness of body. The mental invalid is in a far more pitiable condition than the bodily invalid. There are invalids (every physician knows them) who only need to lift themselves into a strong, unselfish, happy frame of mind to discover that their body is whole and capable.

Moral principles are the soundest foundations for health, as well as for happiness.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ