Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想9月

0908jukan-tateisi-bJhT_8nbUA0-unsplash
マインドの力なしに、価値あることを成し遂げることはできません。

一般に「意志の力」と呼ばれる不動で堅実な性格を養うことは、人が果たすべき最優先の務めのひとつですーーなぜならそれは、人の短期および長期的なウェルビーイング(幸福と健康)にとって不可欠な要素だからです。目的が定まっていることは、それが世俗的なことであれスピリチュアルなことであれ、成功に導く努力すべての基盤です。そうでなければ、本来は自分の内面から得られるべき力の支えを他人に頼ることになり、ひどくみじめになるしかないのです。

意志を養成する真の道は、個人の平凡な毎日の生活にのみあるのですが、それがあまりにも当たり前で単純なので、何か複雑で神秘的な方法を探している多くの人は、気づかずに見過ごしてしまいます。

大きな力を獲得する直接的で唯一の方法は、弱点を攻めて征服することです。


Without strength of mind, nothing worthy of accomplishment can be done.

The cultivation of that steadfastness and stability of character which is commonly called "will-power" is one of the foremost duties of man, for its possession is essentially necessary both to his temporal and external well-being. Fixedness of purpose is at the root of all successful efforts, whether in things worldly or spiritual, and without it man cannot be otherwise than wretched, and dependent upon others for that support which should be found within himself.

The true path of will-cultivation is only to be found in the common everyday life of the individual, and so obvious and simple is it that the majority, looking for something complicated and mysterious, pass it by unnoticed.

The direct and only way to greater strength is to assail and conquer weaknesses.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0907door-5619110_1280
人は、自分の行いに対してだけ責任を負っています。人は己の行動の監守人なのです。

『悪の問題』は、人間自身の悪行の中に存在していて、そうした行為が浄化されたときに解決します。ルソー*1はこう言っていますーー人間よ、これ以上悪の起源を探すのを止めなさい。あなた方自身がその起源なのだから。

結果を原因から分離させることは決してできません。結果が原因と異なる性質になることはあり得ないのです。エマーソン*2はこう言っていますーー正義が後回しにされることはない。完全な公正が、人生のあらゆる側面において均衡を保っているのだ。

原因と結果が同期している深遠な意識の働きがあって、一つの完全な全体を形成しています。従って、誰かが冷酷な行為について考えたり発言したりすれば、その瞬間にその人は自分のマインドを傷つけ、以前と同じ人ではなくなっているのです。その人は以前よりも少し卑劣で、以前よりも少し不幸になっています。この思考と行為の繰り返しが、冷酷で哀れな人間を生み出すのです。

高潔さや幸福は、優しい考えか優しい行為を伴って現れます。


Man is responsible only for his own deeds; he is the custodian of his own actions.

The "problem of evil" subsists in a man’s own evil deeds, and it is solved when those deeds are purified. Says Rousseau: "Man, seek no longer the origin of evil; thou thyself art its origin."

Effect can never be divorced from cause; it can never be of a different nature from cause. Emerson says: "Justice is not postponed; a perfect equity adjusts the balance in all parts of life."

And there is a profound sense in which cause and effect are simultaneous, and form one perfect whole. Thus, upon the instant that a man thinks, say, a cruel deed, that same instant he has injured his own mind; he is not the same man he was the previous instant; he is a little viler and a little more unhappy; and a number of successive thoughts and deeds would produce a cruel and wretched man.

An immediate nobility and happiness attend the thinking of a kind thought, or doing a kind deed.
*1ジャン=ジャック・ルソー(1712年-1778年)
*2ラルフ・ワルド・エマーソン(1803年-1882年)
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0906gobelin-1491577_1280
利己的な考えや悪い行為は、有益で素晴らしい人生を生み出しません。

生とは一枚の布のようなものであり、布を織りなす糸は個人個人の人生です。糸はそれぞれが独立しながら、他の糸と混同されることはありません。糸はそれぞれがそれぞれの道をたどります。人はそれぞれが、他者の行動の結果ではなく、自分自身の行動の結果として苦しみや楽しみを経験します。一人一人がたどる道は簡潔で明確であり、その全体は複雑でありながら調和のとれた連鎖の結びつきを形作るのです。行動と反作用、行為と帰結、原因と結果があり、平衡を保つための反作用や帰結、結果は常に、はじめの刺激と全く同じ割合になります。

人はそれぞれが己の人生を作り上げたり損なったりするのです。


Selfish thoughts and bad deeds will not produce a useful and beautiful life.

Life is like a piece of cloth, and the threads of which it is composed are individual lives. The threads, while being independent, are not confounded one with the other. Each follows its own course. Each individual suffers and enjoys the consequences of his own deeds, and not the deeds of another. The course of each is simple and definite; the whole forming a complicated, yet harmonious, combination of sequences. There are action and reaction, deed and consequence, cause and effect, and the counterbalancing reaction, consequence, and effect is always in exact ratio with the initiatory impulse.

Each man makes or mars his own life.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0905mathematics-2640219_1280
人の力が及ぶ範囲は行動までに限定されていて、その人が幸福と不幸のどちらを経験するかも行動が決定します。

人生は数学の計算にたとえられるでしょう。正解に導く公式を把握していない生徒にとっては戸惑うほど難しく複雑でも、一度公式を理解して掴んでしまえば、以前はとても難しかったことが、驚くほど簡単になるのです。計算を間違えている何百通りもの採点がある一方で正解は一通りしかなく、正解を見つけると生徒にはそれが正解だとわかり、これまでの戸惑いは消えて自分が問題を習得したと知るのですが、人生に関する相対的な簡単さと複雑さの概念は、この事実を完全に認識して気づくことで把握できるでしょう。

人生において結果をごまかすことはできませんーー「偉大なる法則」の目が暴いてさらけ出してしまうからです。


Man’s power is limited to, and his blessedness or misery is determined by, his own conduct.

Life may be likened to a sum in arithmetic. It is bewilderingly difficult and complex to the pupil who has not yet grasped the key to its correct solution, but once this is perceived and laid hold of it becomes as astonishingly simple as it was formerly profoundly perplexing. Some idea of this relative simplicity and complexity of life may be grasped by fully recognizing and realizing the fact that, while there are scores, and perhaps hundreds, of ways in which a sum may be done wrong, there is only one way by which it can be done right, and that when the right way is found the pupil knows it to be right; his perplexity vanishes, and he knows that he has mastered the problem.

In life there can be no falsifying of results; the eye of the Great Law reveals and exposes.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0904karsten-winegeart-5sGYotxAuUA-unsplash
目に見えるものも見えないものも、森羅万象は、無限で永遠なる法則と因果関係に服従し、その領域内に収まっています。

完全な正義が宇宙を維持し、完全な正義が人間の生と行動を統制しています。今日の世界で見られる生の様々な状態すべてが、人間の行動に対してこの法則が作用した結果なのです。人は、法則が作動する中でどんな原因を置くかを選ぶことはでき(そして選び)ますが、結果の性質を変えることはできません。人は、どんな考えを思考し、どんな行動をとるかを決めることはできますが、それらの思考や行動の結果に対して及ぼせる力はありませんーーなぜなら、結果は絶対的な法則に統制されているからです。

人は行動に対する全能力を備えていますが、その力は行動を起こしたところで終わります。行動の結果は変えることも、取り消すことも、逃れることもできません。結果は取り消し不能なのです。

悪意や悪行は苦しい状態を生み出し、善意や善行は幸福な状態に帰結します。


All things, whether visible or invisible, are subservient to, and fall within the scope of, the infinite and eternal law and causation.

Perfect justice upholds the universe; perfect justice regulates human life and conduct. All the varying conditions of life, as they obtain in the world to-day, are the results of this law reacting on human conduct. Man can (and does) choose what causes he shall set in operation, but he cannot change the nature of effects; he can decide what thoughts he shall think, and what deeds he shall do, but he has no power over the results of those thoughts and deeds; these are regulated by the over-ruling law.

Man has all power to act, but his power ends with the act committed. The result of the act cannot be altered, annulled, or escaped; it is irrevocable.

Evil thoughts and deeds produce conditions of suffering; good thoughts and deeds determine conditions of blessedness.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ