Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想9月

0918evgeni-tcherkasski-VL0gfZlSYT0-unsplash
肉体が死んだからといって、人に不死が与えられるということはありません。

霊も人間と変わらず、壊れた意識の中で熱に浮かされた生を生きているのであり、変化と死ぬべき運命に囚われています。快楽を愛する己の性格を保ち続けることを激しく求める人は、死んだ後でも死ぬべき運命を抱え、過去の記憶も未来の知識も持たずに始まりと終わりのある別の人生を生きるだけです。

不死となった人は、確固とした不変の意識の中に上昇して時間に縛られた物事から自分自身を切り離したのであり、興奮や過ぎゆく出来事に影響されることはありません。その人は、己の夢から目醒めたのであり、己の夢は永続する現実などではなく、過ぎゆく幻影であることを知っています。その人は、持続の状態と不死の状態の両方に関する知識を携えた人なのです。

不死となった人は、完全なる健全な状態にあります。


The death of the body can never bestow upon a man immortality.

Spirits are not different from men, and live their little feverish life of broken consciousness, and are still immersed in change and mortality. The mortal man, he who thirsts for the persistence of his pleasure-loving personality, is still mortal after death, and only lives another life with a beginning and an end, without memory of the past or knowledge of the future.

The immortal man is he who has detached himself from the things of time by having ascended into that state of consciousness which is fixed and unvariable, and is not affected by passing events and sensations. He is as one who has awakened out of his dream, and he knows that his dream was not an enduring reality, but a passing illusion. He is a man with knowledge, the knowledge of both states—that of persistence, and that of immortality.

The immortal man is in full possession of himself.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0917sea-3025268_1280
不死とは今ここであり、お墓の先にある何かしらの推測ではありません。

不死は時間に属しておらず、時間の中で見つけることは決してできません。不死は「永遠」に属しています。時間が今ここであるように「永遠」も今ここであり、もし人が、満足させることなく朽ち果ててしまう時間の物事に縛られた己の人生を克服するなら、その「永遠」を見つけて自分自身をその中に確立するでしょう。

人が興奮や欲求、日々の生活における過ぎゆく出来事に没頭し、それらの興奮や欲求、過ぎゆく出来事を自分自身の本質だと思っている間は、不死の知識を持つことはできません。そのような人が永遠と間違えて求めているのは持続であり、それは時間における興奮と出来事の連綿とした継続です。

持続は不死の正反対なのです。


Immortality is here and now, and is not a speculative something beyond the grave.

Immortality does not belong to time, and will never be found in time: it belongs to Eternity; and just as time is here and now, so is Eternity here and now, and a man may find that Eternity and establish himself in it, if he will overcome the self that derives its life from the unsatisfying and perishable things of time.

Whilst a man remains immersed in sensation, desire, and the passing events of his day-by-day existence, and regards those sensations, desires, and passing events as of the essence of himself, he can have no knowledge of immortality. The thing which such a man desires, and which he mistakes for immortality, is persistence; that is, a continuous succession of sensations and events of time.

Persistence is the antithesis of immortality.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0916jasmine-5196251_1280
もしあなたが自分自身を変えるなら、あなたを囲むすべての物事を変えることができます。

外敵に直面しても優しい行いが保たれていることは、自己を克服した魂の確実な印であり、知恵の証明であり、「真実」を所有している証です。

優しく幸福な魂は知恵が熟した果実であり、その魂が放つ影響の目に見えない芳香は広がって他者のハートを喜ばせ、世界を浄化します。

もしあなたが他者に本物を求めるのなら、まずあなたが本物になってください。もしあなたが苦しみと罪からの解放を世界に求めるのなら、まずあなた自身を解放してください。もしあなたがあなたの家や環境に幸せを求めるのなら、まずあなたが幸せになってください。

もしあなたが自分自身の中の美徳に目覚めたなら、あなたはこうしたことを自然に自発的に行うでしょう。

あらゆる過ちや悪を脱して生き始めてください。心の平和と真実は、このやり方で偽りを改めるのです。


You can transform everything around you if you will transform yourself.

Unbroken sweetness of conduct in the face of all outward antagonism is the infallible indication of a self-conquered soul, the witness of wisdom, and the proof of the possession of Truth.

A sweet and happy soul is the ripened fruit of wisdom, and it sheds abroad the invisible aroma of its influence, gladdening the hearts of others, and purifying the world.

If you would have others true, be true ; if you would have the world emancipated from misery and sin, emancipate yourself; if you would have your home and your surroundings happy, be happy.

And this you will naturally and spontaneously do as you realize the good in yourself.

Commence to live free from all wrong and evil. Peace of mind and true reform lie this way.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0915honey-yanibel-minaya-cruz-WYxlp_q39oQ-unsplash
寛容であること、愛すること、幸せであることを身につけていない人は、とてもわずかしか身につけていないということです。

落胆やイライラ、不安、不満、非難、愚痴ーーこれらはすべて思考の害、マインドの病であり、間違った精神状態の兆候です。この状態に苦しんでいる人々は、自分たちの思考と行いを矯正することで回復するでしょう。世界は罪と苦しみで溢れているというのは真実で、だからこそ私たちすべての愛と慈しみが必要とされているのです。私たちの苦しみは必要ありませんーーすでに溢れているのですから。私たちの陽気さと幸福が必要とされていますーーなぜなら、それがあまりにも少ないからです。私たちが世界に与えらるもので、人生と性格における美より優れたものはなにもなく、他のものはすべて空虚です。この美は圧倒的に優れています。あらゆる喜びと至福を包含していて、永続的で、本物で、覆されることがありません。

人の境遇とは、決してその人に対して降りかかっているのではなく、その人を助けるためにあるのです。


He who has not learned how to be gentle, loving, and happy has learned very little.

Despondency, irritability, anxiety, complaining, condemning, and grumbling—all these are thought-cankers, mind-diseases; they are the indications of a wrong mental condition, and those who suffer therefrom would do well to remedy their thinking and conduct. It is true there is much sin and misery in the world, so that all our love and compassion are needed, but our misery is not needed—there is already too much of that. No, it is our cheerfulness and our happiness that are needed, for there is too little of that. We can give nothing better to the world than beauty of life and character; without this, all other things are vain ; this is pre-eminently excellent; it is enduring, real, and not to be overthrown, and it includes all joy and blessedness.

A man’s surroundings are never against him; they are there to aid him.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0914reflection-5146957_1280
この世の務めにおいて徹底さに欠ける人は、スプリチュアルな物事においても徹底さに欠けてしまいます。

徹底するとは完全であり完璧であることです。徹底するとは、他に望むことが何も残らないところまで丹念に行うことであり、他の人よりも上手に行わないまでも、彼らの最善に劣らないように務めを遂行することを意味します。徹底するとは、十分な思考を働かせること、大きな活力を注ぎこむこと、務めに対してマインドを粘り強く専念させること、そして根気や忍耐、高い義務感を養成することを意味します。あるいにしえの教師はこう言いましたーーなすべきならばそれをなせ 堅固にそれに邁進すべし*1。そして別の教師はこう言いましたーーすべてあなたの手のなしうる事は、力をつくして成せ*2

中途半端な信心家であるよりは、心からの俗人である方がましです。


He who lacks thoroughness in his worldly duties will also lack the same in spiritual things.

Thoroughness is completeness, perfection; it means doing a thing so well that there is nothing left to be desired; it means doing one’s work, if not better than anyone else can do it, at least not worse than the best that others do. It means the exercise of much thought, the putting forth of great energy, the persistent application of the mind to its task, the cultivation of patience, perseverance, and a high sense of duty. An ancient teacher said, "If anything has to be done, let a man do it, let him attack it vigorously"; and another teacher said, "Whatsoever thy hand findeth to do, do it with thy might."

It is better to be a whole-souled worldling than a halfhearted religionist.
*1『法句経(ダンマパダ)』 第22章313より 片山一良訳
*2新約聖書 コレヘトの言葉 9章10節より
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ