Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想9月

0923ec_cat20191120
人間の善なる部分が誘惑に駆られることは決してありません。善性は誘惑を打ち砕くのです。

興奮や誘惑を受けるのは人間の悪なる部分であり、人が誘惑に駆られる度合いは、その人自身の罪深さの程度と同等です。人が己のハートを浄化するたびに、誘惑は止んでいきますーーなぜなら、ある種の背徳的な欲求がハートから取り除かれると、以前は興味をそそられた物が魅力と力を失い、もはや惹かれなくなるからです。その物に反応する要素が、ハートの中に何も残っていないのです。誠実な人は、どれほど絶好の機会が与えられても、盗みをする誘惑に駆られることはありません。清らかな食欲を持つ人が、暴飲暴食の誘惑に駆られることはありません。内面の美徳の力の中でマインドが穏やかな人は、決して怒りの誘惑に屈することはなく、清らかなハートにとって、自分に向けられる誘惑者の手練手管や魅力は空虚で意味のない幻でしかありません。

誘惑は、その人がいる場所を明らかにします。


The good in a man is never tempted. Goodness destroys temptation.

It is the evil in a man that is aroused and tempted. The measure of a man’s temptations is the exact register of his own unholiness. As a man purifies his heart, temptation ceases, for when a certain unlawful desire has been taken out of the heart the object which formerly appealed to it can no longer do so, but becomes dead and powerless, for there is nothing left in the heart that can respond to it. The honest man cannot be tempted to steal, let the occasion be ever so opportune ; the man of purified appetites cannot be tempted to gluttony and drunkenness; he whose mind is calm in the strength of inward virtue can never be tempted to anger, and the wiles and charms of the wanton fall upon the purified heart as empty, meaningless shadows.

Temptation shows a man just where he is.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0922food-1749029_1280
あらゆる誘惑は、内側からやって来ます。

人々が誘惑に打ち勝てずに延々と戦い続けているのは、例外なく誰もがふたつの思い違いをしているからです。ひとつ目は、誘惑はすべて外からやって来るという思い違い、そしてふたつ目は、自分たちが善良だから誘惑されるのだという思い違いです。これらの思い違いに囚われている間は、人は進歩することはありません。思い違いを振り払ったとき、人は勝利から勝利へとすばやく進み、スピリチュアルな喜びと安らぎを味わうのです。

あらゆる誘惑の源と原因は内なる欲求にあり、その欲求が浄化され除去されてしまえば、外側の物質や外から発生する力は、魂を罪や誘惑にいざなう力をすっかり失います。外側の物資というのは誘惑の単なるきっかけにすぎず、原因とはなり得ません。原因は、誘惑される人の欲求の中にあるのです。

人が誘惑されるのは、その人が罪深いと思うようになったある種の欲求やマインドの状態があるからです。


All temptation comes from within.

Men fail to conquer, and the fight is indefinitely prolonged, because they labour, almost universally, under two delusions ; first, that all temptations come from without ; and second, that they are tempted because of their goodness. Whilst a man is held in bondage by these delusions, he will make no progress ; when he has shaken them off, he will pass on rapidly from victory to victory, and will taste of spiritual joy and rest.

The source and cause of all temptation is in the inward desire ; that being purified and eliminated, outward objects and extraneous powers are utterly powerless to move the soul to sin or to temptation. The outward object is merely the occasion of the temptation, never the cause; this is in the desire of the one tempted.

A man is tempted because there are certain desires or states of mind which he has come to regard as unholy.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0921villa-2440796_1280
敵である悪魔に打ち勝とうとするのなら、自分の砦や隠れ場所を見つけなければなりません。そしてまた、敵がやすやすと侵入してくる砦の無防備な門を捜し出さなければなりません。

誘惑の魔の手は、それに付随するすべての苦しみとともに今この場で征服することができますが、それは知識をもってしか叶いません。誘惑は暗闇もしくは薄闇の状態です。完全に目覚めた魂が、あらゆる誘惑に耐えるのです。誘惑の源、性質、そして意味を完全に理解したその時、人は誘惑に打ち勝ち、長い苦しみから解放されます。しかし、無知のまま、宗教の儀式や、祈ったり経典を読んだりすることばかりに注意を向けたままでいる間は、己の平和をもたらし損ねるでしょう。

これは聖者たちの聖なる戦いなのです。


He who would overcome his enemy the tempter must discover his stronghold and place of concealment, and must also find out the unguarded gates in his own fortress where the enemy effects so easy an entrance.

Temptation, with all its attendant torments, can be overcome here and now, but it can only be overcome with knowledge. It is a condition of darkness, or of semi-darkness. The fully enlightened soul is proof against all temptation. When a man fully understands the source, nature, and meaning of temptation, in that hour he will conquer it, and will rest from his long travail ; but whilst he remains in ignorance, attention to religious observances and much praying and reading of Scripture will fail to bring him peace.

This is the holy warfare of the saints.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0920caroline-hernandez-yl1wEVqEY8k-unsplash
自己を克服することは、不幸を生み出すあらゆる要素を撲滅することです。

自己の克服または撲滅の原理は、それそのものが単純です。実際のところ、それはあまりにも簡単で、実践的で、手の届くものなので、理論や神学体系、思索的哲学などでマインドが曇っていない5歳の子供の方が、複雑な理論を取り入れたことで単純で美しい真実を捉えられなくなってしまった多くの年長者よりも、はるかによく理解できるのです。

自己の撲滅は、魂に存在する分離や争い、苦しみ、病、不幸につながるあらゆる要素を除去し滅ぼすことで成り立ちます。それは、何であれ、美徳や美、平和を生み出す性質のものを破壊することを意味しません。

自己を克服することは、あらゆる神聖なる性質を強化することなのです。


The overcoming of self is the annihilation of all the sorrow-producing elements.

The doctrine of the overcoming or annihilation of self is simplicity itself; indeed, so simple, practical, and close at hand is it that a child of five, whose mind has not yet become clouded with theories, theological schemes, and speculative philosophies, would be far more likely to comprehend it than many older people who have lost their hold upon simple and beautiful truths by the adoption of complicated theories.

The annihilation of self consists in weeding out and destroying all those elements in the soul which lead to division, strife, suffering, disease, and sorrow. It does not mean the destruction of any good and beautiful and peace-producing quality.

The overcoming of self is the cultivation of all the divine qualities.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0919yarden-3RsAektgon4-unsplash
死ぬべき運命にある人は、始まりと終わりのある時間的またはこの世的な意識状態の中で生きています。

不死の人は、あらゆる変化にあって落ち着きと不動を保っていて、肉体の死が、その人が宿る永遠なる意識にどのような形であれ割り込むようなことはありません。そのような人は「死を味わうことがない*」のですーーなぜなら、その人は死ぬべき運命の流れから抜け出したのであり、自分自身を「真実」の住処に打ち立てたのです。肉体や性格、国、世界は消滅しても「真実」は残り、その栄光が時間によってぼやけることはありません。ですから、不死の人は自己を克服したのであり、もはや個という利己的な力と自分自身を同一視せず、その力を達人の技で制御できるよう自分を訓練し、森羅万象における因果の力と源に調和させているのです。

不死の人は、始まりも終わりもなく、永遠の今だけがある宇宙的または天国的な意識状態の中で生きています。


The mortal man lives in the time or world state of consciousness which begins and ends.

The immortal man remains poised and steadfast under all changes, and the death of his body will not in any way interrupt the eternal consciousness in which he abides. Of such a one it is said, "He shall not taste of death," because he has stepped out of the stream of mortality, and established himself in the abode of Truth. Bodies, personalities, nations, and worlds pass away, but Truth remains, and its glory is undimmed by time. The immortal man, then, is he who has conquered himself; who no longer identifies himself with the self-seeking forces of the personality, but who has trained himself to direct those forces with the hand of a master, and so has brought them into harmony with the causal energy and source of all things.

The immortal man lives in the cosmic or heaven state of consciousness, in which there is neither beginning nor end, but an eternal now.
*新約聖書 ヨハネによる福音書 8章52節より
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ