Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想7月

0707t-q-wyyz0HZsOns-unsplash
自己を啓発することによって「完全なる自由」が見つかります。

「神々しい生」に束縛はありませんーー「完全なる自由」がありますーーこれが、その大いなる栄光です。この「至高の自由」は、服従することによってのみ得られます。「至高なるもの」に服従する人は「至高なるもの」と協同するのであり、それによって自分自身の内にある力のすべてと外にある状況すべてを制御します。人によっては低俗な方を選択して高尚な方を顧みないかもしれませんが、低俗な方が高尚な方に勝ることは決してなく、ここに「自由」の真実が横たわっています。高尚な方を選択して低俗な方を放棄しましょうーーそうすれば、人は自分自身を勝利者として確立し、「完全なる自由」を実現するのです。

趣味嗜好に手綱を渡すことはただの従属であり、自分自身を征服することが唯一の自由です。自己の奴隷である人は己の鎖を愛していて、何らかの大事な喜びが取り上げられてしまうかもしれないという恐れから、鎖を壊すことはありません。そうしてその人は挫折して自分自身を奴隷にするのです。

「完全なる自由」の土地は、「知識の門」を通り抜けた先に広がっています。


By self-enlightenment is Perfect Freedom found.

There is no bondage in the Heavenly Life. There is Perfect Freedom. This is its great glory. This Supreme Freedom is gained only by obedience. He who obeys the Highest co-operates with the Highest, and so masters every force within himself and every condition without. A man may choose the lower and neglect the Higher, but the Higher is never overcome by the lower : herein lies the revelation of Freedom. Let a man choose the Higher and abandon the lower ; he shall then establish himself as an overcomer, and shall realize Perfect Freedom.

To give the reins to inclination is the only slavery ; to conquer oneself is the only freedom. The slave to self loves his chains, and will not have one of them broken for fear he would be depriving himself of some cherished delight. He thus defeats and enslaves himself.

The Land of Perfect Freedom lies through the Gate of Knowledge.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0706heart-700141_1280
「愛」を知ることは、この宇宙全体に有害な力など存在しないということを知ることです。

人が「愛」を知り、絶えることのない幸福の恩恵を享受するためには、ハートで「愛」を実践し、「愛」そのものにならなければなりません。常に「愛」の精神から行動する人は、決して見捨てられず、決して窮地や困難に取り残されることはありませんーーなぜなら、「愛」(個人的でない「愛」)は、知識であると共に力でもあるからです。「愛」することを習得した人は、どんな困難にも打ち勝つ術を、どんな失敗も成功に変容させる術を、そしてどんな出来事や状況にも幸福と美の装いをまとわせる術を習得した人なのです。

「愛」の道は自制の道であり、その道を進むにつれ、人は「知識」の中で自分自身を確立します。「愛」に到達することで、人は自分が獲得した正当なる神聖な「力」によって、肉体とマインドの完全な所有者となります。「完全な愛は恐れをとり除きます。*

完全なる「愛」は、完全なる「無害」です。自分の内にあるあらゆる有害な思考と危害を加えることへの欲求を打ち砕いた人は、宇宙の庇護を受けるのです。


To know Love is to know that there is no harmful power in the whole universe.

If a man would know Love, and partake of its undying bliss, he must practice it in his heart; he must become Love. He who always acts from the spirit of Love is never deserted, is never left in a dilemma or difficulty, for Love (impersonal Love) is both Knowledge and Power. He who has learned how to Love has learned how to master every difficulty, how to transmute every failure into success, how to clothe every event and condition in garments of blessedness and beauty.

The way to Love is by self-mastery, and, traveling that way, a man builds himself up in Knowledge as he proceeds. Arriving at Love, he enters into full possession of body and mind, by right of the divine Power which he has earned. "Perfect Love casteth out fear."

Perfect Love is perfect Harmlessness. And he who has destroyed in himself all thoughts of harm, and all desire to harm, receives the universal protection.
*新約聖書 ヨハネの手紙4章18節より

『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0705red-rose-free-license-cc0
宇宙は、その「中心」が「愛」だからこそ保たれています。

「天の王国」の住人である「光の子ら」は、宇宙とそこに内包されるすべてを「愛の法則」の現れとして見ます。子らは「愛」を、生物・無生物に限らず森羅万象に内在し、形作り、維持し、保護し、完成させる力として見ます。子らにとって「愛」は単なる生命いのちの規則であるだけでなく、生命の法則であり、「生命」そのものなのです。これがわかっているので、子らは自分たちの個性を気にも留めず、人生全体を「愛」に則って整えます。このように「至高」の、神聖なる「愛」への服従を実践することで、子らは「愛」の力の意識的な一部となり、「運命の支配者」として完全なる「自由」に到達するのです。「愛」は「完全なる調和」、清らかな幸福であり、それ故に、苦しみの要素を一切含みません。清らかな「愛」にそぐわない思考をしたり行動をしたりするのをやめましょう、そうすれば、苦しみに苛まれることはもうなくなるでしょう。

「愛」が唯一の保つ力なのです。


The universe is preserved because Love is at the Heart of it.

The Children of Light who abide in the Kingdom of Heaven see the universe, and all that it contains, as the manifestation of one Law—the Law of Love. They see Love as the moulding, sustaining, protecting, and perfecting Power immanent in all things animate and inanimate. To them Love is not merely and only a rule of life, it is the Law of life, it is Life itself. Knowing this, they order their whole life in accordance with Love, not regarding their own personality. By thus practicing obedience to the Highest, to divine Love, they become conscious partakers of the power of Love, and so arrive at perfect Freedom as Masters of Destiny. Love is Perfect Harmony, pure bliss, and contains, therefore, no element of suffering. Let a man think no thought and do no act that is not in accordance with pure Love, and suffering shall no more trouble him.

Love is the only preserving power.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0703jason-mowry-4dhlFpZ0dDw-unsplash
過ちのない人が、何をどう恐れるというのでしょうか?

正しい人は無敵です。どんな敵であっても、その人を征服したり困らせたりすることは不可能であり、その人は己の誠実さや神聖さ以外の守りを必要としません。悪が「善」を征服することが不可能なように、正しい人が不正によって引きずりおろされることは決してありません。中傷や妬み、憎しみ、悪意がその人に届くことは決してなく、その人をどのように苦しめることもできず、その人を傷つけようとする人々は、最終的に自分たち自身に不名誉をもたらすことに成功するだけです。

隠し事を持たず、コソコソしなければならないような行動を起こさず、他者に知られたくないような考えや欲望にふけることのない正しい人は、恐れを知らず堂々としています。足取りはしっかりしていて、背筋が伸び、会話は率直で、曖昧なところがありません。その人は、誰のことも真っ直ぐ見ます。誰のことも欺かない人が、誰に対して恥じ入るというのでしょう?

間違いをすべてやめた人は、もう決して不当な扱いを受けることはなく、偽りをすべてやめた人は、もう決して欺かれることはありません。


How can he fear any who wrongs none ?

The righteous man is invincible. No enemy can possibly overcome or con-found him; and he needs no other protection than that of his own integrity and holiness. As it is impossible for evil to overcome Good, so the righteous man can never be brought low by the unrighteous. Slander, envy, hatred, malice can never reach him, nor cause him any suffering, and those who try to injure him only succeed ultimately in bringing ignominy upon themselves.

The righteous man having nothing to hide, committing no acts which require stealth, and harbouring no thoughts and desires which he would not like others to know, is fearless and unashamed. His step is firm, his body upright, and his speech direct and without ambiguity. He looks everybody in the face. How can he be ashamed before any who deceives none?

Ceasing from all wrong you can never be wronged; ceasing from all deceit you can never be deceived.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0703curtain-706930_1280
自分自身を克服した人から隠されるものは何もありません。

原因の原因をさかのぼり、幻想のベールをひとつずつ剥がしていくと、最後には「存在の中心部」の最奥にたどり着きます。こうして「生命いのち」とひとつになることで、あなたはあらゆる生命を知るのであり、原因を見通して現実を知ることで、あなたはもはや自分自身、他者、そして世界について心配することなく、森羅万象を「偉大なる法則」の原動力として見るようになるのです。優しさに覆われて、あなたは他者が悪態をつくところを祝福し、他者が憎むところを愛し、他者が非難するところを許し、他者が争うところを譲り、他者がしがみつくところを手放し、他者が獲得するところを失うのです。そうして彼らは力の中で弱者となり、あなたは弱さの中で強くなりますーーそうです、あなたは力強く勝利します。ーーこうして「天」は人を助けるとき、優しさで包み込むのです。

完全な優しさを持たない人は、「真実」を持ちません。


Nothing is hidden from him who overcomes himself.

Into the cause of causes shalt thou penetrate, and lifting, one after another, every veil of illusion, shalt reach at last the inmost Heart of Being. Thus becoming one with Life, thou shalt know all life, and, seeing into causes, and knowing realities, thou shalt be no more anxious about thyself, and others, and the world, but shalt see that all things that are, are engines of the Great Law. Canopied with gentleness, thou shalt bless where others curse ; love where others hate; forgive where others condemn; yield where others strive ; give up where others grasp; lose where others gain. And in their strength they shall be weak; and in thy weakness thou shalt be strong ; yea, thou shalt mightily prevail. "Therefore, when Heaven would save a man, it enfolds him with gentleness."

He that hath not unbroken gentleness hath not Truth.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ