Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想7月

0712mill-1745186_1280
活力を生産的なものにするには、良い結果に向けてそれを活用するだけでなく、注意深く制御して、大切に使わなければなりません。

「目をさましていよう*1」ーーこれは、偉大な教師の一人が弟子に与えた助言です。この簡潔な言葉は、人が目標を達成するには精力的な活力が必要だということを表現していて、聖人にとってだけでなく、商売人にとっても等しく当てはまります。「永遠の警戒は自由の代償である*2」ーーそして自由とは、人にとって確固たる結末への到達なのです。「なすべきならばそれをなせ 堅固にそれに邁進すべし*3」ーーこれも偉大な教師による言葉です。この助言の知恵は、行動は創造力であること、適切に使われることで力は増大し発達することを思い出すことで、明らかになります。さらなる力を得るには、今もてるすべての活力を使うことです。課された仕事に邁進する人のところへのみ、力と自由はやってくるのです。

騒がしさと性急さは、非常に多くの活力を浪費してしまいます。


Energy to be productive must not only be directed towards good ends, it must be carefully controlled and conserved.

The advice of one of the Great Teachers to his disciples, "Keep wide awake," tersely expresses the necessity for tireless energy if one’s purpose is to be accomplished, and is equally good advice to the salesman as to the saint. "Eternal vigilance is the price of liberty," and liberty is the reaching of one’s fixed ends. It was the same Teacher who said: "If anything is to be done, let a man do it at once; let him attack it vigorously!" The wisdom of this advice is seen when it is remembered that action is creative, that increase and development follow upon legitimate use. To get more energy we must use to the full that which we already possess. Only to him that puts his hand vigorously to some task do power and freedom come.

Noise and hurry are so much energy running to waste.
*1新約聖書 テサロニケの信徒への手紙 5章6節より
*2トーマス・ジェファーソン
*3『法句経(ダンマパダ)』 第22章313より 片山一良訳


『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0711jeremy-bishop-vGjGvtSfys4-unsplash
あらゆる自然の法則はみな、スピリチュアルな事柄に対応しています。

思考はマインドの土壌に蒔かれた種であり、芽を出して、その性質によって善か悪、立派か愚かな行動へと花開く完成の段階に至るまで成長し、他者のマインドに再び蒔かれる思考の種となり完結します。教師は種を蒔く人であり、スピリチュアルな農業家である一方、自分自身を教え導く人は、己の精神的な敷地を耕す思慮深い農夫です。思考の成長は植物の成長にたとえられます。種は時節に合わせて蒔かれなければならず、知識の草木や知恵の花へと完全な成長を遂げるには時間を要します。

見えるものは、見えないものを映し出す鏡なのです。


Every natural law has its spiritual counterpart.

Thoughts are seeds, which, falling in the soil of the mind, germinate and develop until they reach the completed stage, blossoming into deeds good or bad, brilliant or stupid, according to their nature, and ending as seeds of thought to be again sown in other minds. A teacher is a sower of seed, a spiritual agriculturist, while he who teaches himself is the wise farmer of his own mental plot. The growth of a thought is as the growth of a plant. The seed must be sown seasonably, and time is required for its full development into the plant of knowledge and the flower of wisdom.

The seen is the mirror of the unseen.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0710madagascar-1347597_1920
欠点がなく、円熟し、完成された偉大さは、あらゆるわざを超越しています。

生きた福音を伝えたいのですか? ならば、あなたは自分自身を忘れ、その福音そのものになりましょう。あなたは人間のハートは善良で神聖であるというこの一つのことを知るべきであり、あなたは「愛」というこの一つに生きるべきです。あなたはどんな悪も信じず、どんな悪も見ず、すべてを愛するべきです。そうすれば、たとえあなたの話す言葉が少なくても、あなたの一つひとつの行動が力となり、あなたの一つひとつの言葉が教えとなるでしょう。あなたの清らかな思考、あなたの無私の行為によって、たとえ日の目を見ないように映ったとしても、あなたは時を超えて、高みを目指す数えきれない多くの魂に教えを説くでしょう。

すべてを捧げて「善性」を選ぶ人は、すべてを含むものを授かります。その人は「最良なるもの」の所有者となり、「至高なるもの」を友とし、「偉大なるもの」の仲間入りをします。

欠点がなく、円熟し、完成された偉大さは、あらゆるわざを超越しています。それは「完全なる善性」の現れであり、それ故に、最も偉大な魂たちは常に「教師」なのです。


The greatness that is flawless, rounded, and complete is above and beyond all art.

Wouldst thou preach the living Word? Thou shalt forgo thyself, and become that Word. Thou shalt know one thing—that the human heart is good, is divine ; thou shalt live one thing—Love. Thou shalt love all, seeing no evil, believing no evil; then, though thou speak but little, thy every act shall be a power, thy every word a precept. By thy pure thought, thy selfless deed, though it appear hidden, thou shalt preach, down the ages, to untold multitudes of aspiring souls.

To him who chooses Goodness, sacrificing all, is given that which includes all. He becomes the possessor of the Best, communes with the Highest, and enters the company of the Great.

The greatness that is flawless, rounded, and complete is above and beyond all art. It is Perfect Goodness in manifestation: therefore the greatest souls are always Teachers.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0709morning-1172232_1280
「真実の人」「美しい人」「偉大な人」はいつも子供のようであり、常にはつらつとして若々しいのです。

偉大な人というのは常に善良な人であり、常に素朴です。その人は内面の神聖なる「善性」の尽きることのない泉を汲み上げるどころか、そこに住まうのです。その人は「天国のような場所」に存在し、この世を去った偉大な人々を友とし、見えざる「神」と共に生き、霊感に導かれ、「天国」の空気を吸い込みます。偉大になろうとするのなら、善良になることを学びましょうーーそうすれば、偉大さを求めることなく偉大になります。偉大さを目指す人は無価値に行き着き、無価値を目指す人は偉大さに行き着きます。偉大になりたいという欲求は、その人の卑小さ、その人の虚栄心と押し付けがましさの兆候です。人の注目から喜んで離れること、自己肥大がまったくないことは、偉大さの証明です。卑小な人は権威を求め愛します。偉大な人は決して権威的でなく、その結果、後世の人々の心に訴える権威となるのです。

素朴な自分に、よりよい自分に、個人的なものを超えた自分になってくださいーーそうすれば、ほら! あなたは偉大です!


The True, the Beautiful, the Great is always childlike, and is perennially fresh and young.

The great man is always the good man; he is always simple. He draws from, nay, lives in, the inexhaustible fountain of divine Goodness within; he inhabits the Heavenly Places; communes with the vanished great ones; lives with the Invisible: he is inspired, and breathes the airs of Heaven. He who would be great, let him learn to be good. He will therefore become great by not seeking greatness. Aiming at greatness, a man arrives at nothingness; aiming at nothingness he arrives at greatness. The desire to be great is an indication of littleness, of personal vanity and obtrusiveness. The willingness to disappear from gaze, the utter absence of self-aggrandizement, is the witness of greatness. Littleness seeks and loves authority. Greatness is never authoritative, and it thereby becomes the authority to which the after ages appeal.

Be thy simple self, thy better self, the impersonal self, and lo! thou art great!
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0708dead-tree
人は、自己から解放されたとき自由になります。

外側にある抑圧はすべて、内側にある本当の抑圧の影であり結果にすぎません。長きにわたり、抑圧された人々が自由を求めて叫び、多くの法令が作られてきましたが、自由を与えることはできませんでした。人は自分自身にしか自由を与えることはできず、己のハートに刻み込まれた「神聖なる法令」に奉じることでのみ、自由を見いだすのです。人々が内面の「自由」を拠り所にするようにしましょうーーそうすれば、抑圧の影が地上を覆うことはなくなります。人々が自分自身を抑圧するのを止めさせましょうーーそうすれば、誰も仲間を抑圧しなくなります。人々は外側の自由のために法律を制定しようとするのですが、内側の奴隷状態を助長することで、自由の達成を不可能にし続けているのです。こうして人々は外側の影を追い求め、内側の実体を無視してしまいます。外側に束縛や抑圧の形となって現れるものはすべて、人が自発的な束縛……激情、過ち、無知の奴隷……を止めたときに消滅するのです。

自由は自由な人々のためのものです!


Man will be free when he is freed from self.

All outward oppression is but the shadow and effect of the real oppression within. For ages the oppressed have cried for liberty, and a thousand man-made statutes have failed to give it to them. They can give it only to themselves ; they shall find it only in obedience to the Divine Statutes which are inscribed upon their hearts. Let them resort to the inward Freedom, and the shadow of oppression shall no more darken the earth. Let men cease to oppress themselves, and no man shall oppress his brother. Men legislate for an outward freedom, yet continue to render such freedom impossible of achievement by fostering an inward condition of enslavement. They thus pursue a shadow without, and ignore the substance within. All outward forms of bondage and oppression will cease to be when man ceases to be the willing bond-slave of passion, error, and ignorance.

Freedom is to the free !
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ