Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想7月

0717clock-5207235_1280
浪費したお金は取り返すことができますーー衰えた健康は回復させることができますーーしかし、無駄にされた時間は二度と取り戻すことができません。

熟考したり、検討したり、予測したりするなど考えて計画を立てるために早起きする人は常に、ギリギリまでベッドで寝ていて朝食にようやく起きてくる人よりも、より優れた技能を獲得し、自分が目指すことで成功を収めます。朝食の前の1時間をこのような方法で過ごすことは、努力を実らせるのに大いに価値があります。この時間でマインドを冷静で明晰にし、自分の活力をより力強く効果的にするために集中させるのです。最も長続きする成功は、朝8時前になされるものです。朝6時に仕事をしている人は、他のすべての条件が同じ場合、8時まで寝ている人よりも常にはるか先にいます。

1日の長さは、誰に対してものばされることはないのです。


Money wasted can be restored ; health wasted can be restored ; but time wasted can never be restored.

The man who gets up early in order to think and plan, that he may weigh and consider and forecast, will always manifest greater skill and success in his particular pursuit than the man who lies in bed till the last moment, and only gets up in time to begin breakfast. An hour spent in this way before breakfast will prove of the greatest value in making one’s efforts fruitful. It is a means of calming and clarifying the mind, and of focusing one’s energies so as to render them more powerful and effective. The best and most abiding success is that which is made before eight o’clock in the morning. He who is at his business at six o’clock will always—all other conditions being equal—be a long way ahead of the man who is in bed at eight.

The day is not lengthened for any man.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0716teo-sticea-3XNPZH1tfvw-unsplash
過剰に着飾る贅沢へとつながる虚栄心は、道徳的な人々が慎重に避けるべき悪習です。

衣服や装飾品で自己顕示欲を誇示することは、下品で空っぽなマインドの表れです。慎みと教養のある人々は、質素で自分にふさわしい服を着て、余ったお金は自身の教養や美徳をさらに高めるために賢く使います。その人たちにとっては、無駄で空虚な衣服よりも教育や成長の方が大切なのであり、だからこそ、文学や芸術、科学が促進されるのです。真の洗練はマインドと振る舞いに宿るのであり、肉体を派手に見せびらかすことは、美徳と知性を備えたマインドにとって(魅力を減じてしまうことはあったとしても)付け足せる魅力など何もありません。

他の事柄と同様に、服装も質素が一番です。


Vanity leading to excessive luxury in clothing is a vice which should be studiously avoided by virtuous people.

An obtrusive display in clothing and jewellery bespeaks a vulgar and empty mind. Modest and cultured people are modest and becoming in their dress, and their spare money is wisely used in further enhancing their culture and virtue. Education and progress are of more importance to them than needless, vain apparel ; and literature, art, and science are encouraged thereby. A true refinement is in the mind and behaviour, and a mind adorned with virtue and intelligence cannot add to its attractiveness (though it may detract from it) by an ostentatious display of the body.

Simplicity in dress, as in other things, is the best.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0715candlestick-448728_1280
浪費家は決して裕福になれませんが、もし生まれが裕福であるならば、すぐに貧しくなるはずです。

貧しい人が裕福になろうとするなら底辺から始めなければならず、自身の財力では到底及ばない何者かになろうとして、裕福に見せようと欲したり試みたりするべきではありません。底辺には常に十分な場所と機会があり、そこより下は何もなく、すべてが上にあるので、物事を始めるには安全な場所なのです。多くの若い実業家は、成功するのに必要だという愚かな想像から他でもない自分自身を欺き、急速に破滅へと導く自慢や誇示によってあっという間に失敗してしまいます。どの分野であっても、慎ましく相応に始めることは、立場や重要性を誇張して喧伝することよりも成功を確かなものにするのです。

倹約と慎みは、裕福に至る方法です。


The spendthrift can never become rich, but, if he begin with riches, must soon become poor.

The poor man who is to become rich must begin at the bottom, and must not wish, or try, to appear affluent by attempting something far beyond his means. There is always plenty of room and scope at the bottom, and it is a safe place from which to begin, as there is nothing below, and everything above. Many a young business man comes at once to grief by swagger and display, which he foolishly imagines are necessary to success, but which, deceiving no one but himself, lead quickly to ruin. A modest and true beginning, in any sphere, will better ensure success than an exaggerated advertisement of one’s standing and importance.

The thrifty and prudent are on the way to riches.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0714houses-1602020_1280
活力は、繁栄の寺院における最初の柱です。

無気力からくる死んだような静かさとは異なる冷静さは、活力の集中の極みです。その背後には、明晰な思考をする精神状態があります。動揺と興奮は精神状態を乱し、責任能力がなく、なんの力も重みもないものにしてしまいます。小うるさくて気難しく、いらいらした人には影響力が一切ありません。そのような人は、引き寄せるのではなく、はねのけてしまいます。その人は不思議に思うのですーー自分は常に急いでいて、心配していて、問題を抱えている(その人はこれを努力していると言い間違えています)のに、どうして"気楽にやっている"隣人は成功していて人気者なのだろう……と。隣人はその人よりも冷静な人なのであって、その人よりも気楽にしているのではなくて慎重なのであり、より多くの仕事をこなし、より手際が良く、落ち着いていて立派なのです。これが隣人の成功と影響力の理由です。別の人が自分の活力を分散させて浪費している一方で、その隣人は自分の活力を制御して活用しているのです。

活力がないということは、能力がないということです。


Energy is the first pillar in the temple of prosperity.

Calmness, as distinguished from the dead placidity of languor, is the acme of concentrated energy. There is a focused mentality behind it. In agitation and excitement the mentality is dispersed. It is irresponsible, and is without force or weight. The fussy, peevish, irritable man has no influence. He repels, not attracts. He wonders why his "easy-going" neighbour succeeds, and is sought after, while he, who is always hurrying, worrying, and troubling (he miscalls it striving), fails, and is avoided. His neighbour, being a calmer man, not more easygoing but more deliberate, gets through more work, does it more skillfully, and is more self-possessed and manly. This is the reason of his success and influence. His energy is controlled and used, while the other man’s energy is dispersed and abused.

No energy means no capacity.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0713logs-1842267_1280
騒がしさは力であるというのは、大きな思い違いです。

冷静さがあるところに、大きな力があります。冷静さは、強く、よく鍛えられ、地道に訓練されたマインドの確かなしるしです。冷静な人は己の本分をわきまえていて、よくわかっています。言葉数は少なくとも、その人の言いたいことは確実に伝わります。その人の計画はよく練られていて、しっかり調整された機械のように厳密に作動します。その人は遠い先を見据え、己の目標に向かって真っ直ぐです。その人は敵や試練を友に変え、自分に役立つようにしてしまいますーーなぜならその人は、己の道を進みながら、不利な状況をくみする方法を、しっかりと学んでいるからです。その人は、まるで賢明な戦術家のように、あらゆる緊急事態を予測して先取りしていますーーそうです、その人は事前準備が整っているのです。瞑想の中で、自己の判断を内省する中で、その人は原因の数々を参照し、あらゆる偶発的な出来事の可能性を捉えているのです。その人は決して不意を突かれることはなく、決して急がず、自分自身の不動を安全に保ち、己の立場が明確です。

働く気勢は耳に入りません。逃げる気勢が大きな騒音を立てるのです。


It is a great delusion that noise means power.

Where calmness is, there is the greatest power. Calmness is the sure indication of a strong, well-trained, patiently disciplined mind. The calm man knows his business, be sure of it. His words are few, but they tell. His schemes are well planned, and they work true, like a well-balanced machine. He sees a long way ahead, and makes straight for his object. The enemy, Difficulty, he converts into a friend, and makes profitable use of him, for he has studied well how to " agree with his adversary while he is in the way with him." Like a wise general, he has anticipated all emergencies. Indeed, he is the man who is prepared beforehand. In his meditations, in the counsels of his judgment, he has conferred with causes, and has caught the bent of all contingencies. He is never taken by surprise; is never in a hurry; is safe in the keeping of his own steadfastness ; and is sure of his ground.

Working steam is not heard. It is the escaping steam which makes a great noise.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ