Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想7月

0722hand-1309757_1280
強固な人は強固な目的を持っていて、強固な目的は強固な達成につながります。

無敵さというのは素晴らしい防御ではありますが、完全に清らかで揺るぎない誠実さを持つ人を包み込んでいるだけです。極めて些細な事柄に対してであっても決して誠実に反しないことが、どんな皮肉や中傷、冤罪による攻撃に対しても無敵になることです。ひとつのことで誠実さを損なってしまった人は弱点を持つようになり、悪の矢が、アキレスのかかとに刺さった矢のように、その人を弱らせてしまいます。清らかで完全な誠実さが、あらゆる攻撃と損害に対する護りであり、そのような誠実さを持つ人は、屈しない勇気と並外れた落ち着きをもって、すべての敵と迫害に対峙することができるのです。どんな才能も、知性も、事業的洞察力も、崇高なる道徳の原則の本質を理解した上でそれを受け入れて従うことから得られるマインドの力とハートの平和を、人にもたらすことはできません。

道徳の力が、最も偉大な能力なのです。


Strong men have strong purposes, and strong purposes lead to strong achievements.

Invincibility is a glorious protector, but it only envelops the man whose integrity is perfectly pure and unassailable. Never to violate, even in the most insignificant particular, is to be invincible against all the assaults of innuendo, slander, and misrepresentation. The man who has failed in one point is vulnerable, and the shaft of evil, like the arrow in the heel of Achilles, will lay him low. Pure and perfect integrity is proof against all attack and injury, enabling its possessor to meet all opposition and persecution with dauntless courage and sublime equanimity. No amount of talent, intellect, or business acumen can give a man that power of mind and peace of heart which come from an enlightened acceptance and observance of lofty moral principles.

Moral force is the greatest power.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0721drop-of-water-178892_1280
無知な人は、不正直さが繁栄への近道だと思い込んでいます。

正直さが成功への確実な方法です。天からの資質は、不正直な人が悲しみと苦しみの中で後悔してようやく現れますが、正直でいれば、はなから誰も後悔などする必要がないのです。正直な人も、活力、経済力、または組織力などの支えが不足することで、時には失敗することがありますが、不正直な人が失敗するときのような、悲痛な出来事ではありませんーーなぜなら、正直な人は自分が誰のことも決してだましたりしていないという事実を、いつでも喜ぶことができるからです。正直な人は、自分が最も暗闇にいるときでさえも、澄んだ良心の中に休息を見つけます。

不正直な人は、道徳的に浅はかなのです。


Ignorant men imagine that dishonesty is a short cut to prosperity.

Honesty is the surest way to success. The clay at last comes when the dishonest man repents in sorrow and suffering ; but no man ever needs to repent of having been honest. Even when the honest man fails—as he does sometimes through lacking other of those pillars, such as energy, economy, or system—his failure is not the grievous thing that it is to the dishonest men, for he can always rejoice in the fact that he has never defrauded a fellow-being. Even in his darkest hour he finds repose in a clear conscience.

The dishonest man is morally short-sighted.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0720tree-832079_1280
本物の誠実さというのは、それがどこであっても伝わるものであり、あらゆる交流においてその極印がつけられるのです。

人が完全で強くなるためには、誠実さが存在全体を包み込み、人生のあらゆる細部にまで至るようにさせなければならず、その誠実さは、すべての誘惑が退いてしまうまで抵抗できるほどに徹底していて持続性のあるものでなければなりません。ひとつのことで誠実さを損なうのは、すべてにおいて誠実さを損なうことであり、ストレス下でそれがどれだけやむを得ず些細なことのように思えても、偽りへの屈服を認めることは、誠実さの盾を投げ捨てて、悪の激しい攻撃の前にむき出しで立つことなのです。

雇い主がいない時でも、その目がある時と同じように慎重に実直に働く人は、長い間低い地位のままでいることはありません。務めや仕事の細部の実行におけるそのような誠実さは、繁栄の肥沃な領域へとその人を素早く導きます。

誠実な人は、不変的な事象の法則と調和しています。その人は、絶えることのない泉から水が注がれる根を持ち、どんな嵐でも倒すことのできない、たくましい木のような存在なのです。


Sterling integrity tells wherever it is, and stamps its hall-mark on all transactions.

To be complete and strong, integrity must embrace the whole man, and extend to all the details of his life ; and it must be so thorough and permanent as to withstand all temptations to swerve into compromise. To fail in one point is to fail in all, and to admit, under stress, a compromise with falsehood, howsoever necessary and insignificant it may appear, is to throw down the shield of integrity, and to stand exposed to the onslaughts of evil.

The man who works as carefully and conscientiously when his employer is away as when his eye is on him, will not long remain in an inferior position. Such integrity in duty, in performing the details of his work, will quickly lead him into the fertile regions of prosperity

The man of integrity is in line with the fixed law of things. He is like a strong tree whose roots are fed by perennial springs, and which no tempest can lay low.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0719parag-bhagat-wG7T1kFOlOY-unsplash
繁栄への安い取り引きなどありません。

バブルが持続できないように、不正を行う人が繁栄することもできません。不正を行う人は熱に浮かされた勢いで金集めをしてから失敗するのです。不正によって得られたもの、得られうるものなど何もありません。それは一時的に奪い取られたものに過ぎず、重い利子とともにまた返却されるものなのです。しかしながら、不正行為はあくどい詐欺師に限ったものではありません。自分がそれを認識していようがいまいが、同等の価値を渡さずに金銭を得ていたり得ようとする人はみな、不正を行っているのです。働かずにお金を得る方法をせこせこ画策している人々は不正者であり、精神的には泥棒や詐欺師により近しい同類です。彼らは遅かれ早かれ泥棒や詐欺師に影響されるようになり、資産を奪われてしまいます。

繁栄は、理にかなった労働だけでなく、道徳の力をもって得られなければなりません。


There is no striking a cheap bargain with prosperity.

As the bubble cannot endure, so the fraud cannot prosper. He makes a feverish spurt in the acquirement of money, and then collapses. Nothing is ever gained, ever can be gained, by fraud. It is but wrested for a time, to be again returned with heavy interest. But fraud is not confined to the unscrupulous swindler. All who are getting, or trying to get, money without giving an equivalent are practising fraud, whether they know it or not. Men who are anxiously scheming how to get money without working for it are frauds, and mentally they are closely allied to the thief and swindler under whose influence they come, sooner or later, and who deprives them of their capital.

Prosperity must be purchased, not only with intelligent labour, but with moral force.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0718susan-q-yin-Ctaj_HCqW84-unsplash
知恵は、最高の技能の形です。

どんな些細なことであっても、あらゆることには一つの正しいやり方と、一千通りもの間違ったやり方があります。技能とは、その一つの正しいやり方を即座に見極め、それを固守することにあります。無能な人々は、千の間違ったやり方の中で途方に暮れてしくじり、正しいやり方を示されても、それを取り入れることはありません。彼らは己の無知から自分たちが一番わかっていると考えているため、たとえ窓の拭き方や床の掃き方のようなことであっても、何かを習得することが不可能な立場に自分たちを置いてしまっているのです。軽率な人や無能な人はありふれていて、この世界には思慮深くて有能な人々のための場所がふんだんにあります。雇用者は、最高の腕前の労働者を獲得するのがどれだけ困難かがわかっています。道具を使うにせよ頭脳を使うにせよ、演説をするにせよ思考するにせよ、優れた労働者は、いつでもその技能を用いる場所を見つけるのです。

技能は思慮深さと注意力によって体得されます。


Wisdom is the highest form of skill.

There is one right way of doing everything, even the smallest, and a thousand wrong ways. Skill consists in finding the one right way, and adhering to it. The inefficient bungle confusedly about among the thousand wrong ways, and do not adopt the right one when it is pointed out to them. They do this in some cases because they think, in their ignorance, that they know best, thereby placing themselves in a position where it becomes impossible to learn, even though it be only to learn how to clean a window or sweep a floor. Thoughtlessness and inefficiency are all too common. There is plenty of room in the world for thoughtful and efficient people. Employers of labour know how difficult it is to get the best workmanship. The good workman, whether with tools or brains, whether with speech or thought, will always find a place for the exercise of his skill.

技能は思慮深さと注意力によって体得しえます。
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ