Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想7月

0731nonsap-visuals-oLEgXUiIGZs-unsplash
もし人々が、仲間の間違った行為が他の間違った行為を呼ぶべきではないことを理解してさえいれば…。

もし人々が、自分たちの間違った行為では他者の間違った行為を抑えることができないということを理解してさえいれば……。憎しみは憎しみを増大させ、あらゆる悪は「善」を前に滅するのであり、ハートと行いを洗い清めた時にこそ、すべての邪悪な中傷が払いのけられるのだということーーもし彼らがこれを理解してさえいれば……。

もし人々が、罪作りなハートは不幸を経験し、憎しみに溢れたマインドは嘆き、飢え、苦痛、不眠といった不毛な作物を未来に収穫することになると理解してさえいれば、そうすれば、哀れみの目を持ち、優しさが存在を満たすようになるだろうーーもし彼らが理解してさえいれば……。

もし人々が、「愛」がどのように打ち勝つかを理解してさえいれば、彼らは決して憎しみに住まわず、永久に「愛」に住まうだろうーーもし彼らが理解してさえいれば……。


If men only understood that the wrong act of a brother should not call from them another.

If men only understood that their wrong can never smother the wrong doing of another; that by hatred hate increases, and by Good all evil ceases, they would cleanse their hearts and actions, banish thence all vile detractions — if they only understood.

If men only understood that the heart that sins must sorrow, that the hateful mind tomorrow reaps its barren harvest, weeping, starving, resting not, nor sleeping, tenderness would fill their being, they would see with Pity’s seeing — if they only understood.

If men only understood how Love conquers . . .
. . . they would ever live in Love, in hatred never — if they only understood.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

_0730sky-2603257_1280
激しい感情のあるところに平和は存在せず、平和があるところに激しい感情は存在しません。

激しい感情に執着しながら平和を祈るならば、天の安息を願い求めていても争いが生じます。これが無知ーー深刻な霊的無知であり、神聖な物事におけるアルファベットの最初の文字を知らないのと同じなのです。憎しみと愛、争いと平和は、同じハートに同時に住まうことはできません。どちらか一方が歓迎される客として迎え入れらるところでは、もう一方は歓迎されざるよそ者として追い払われるのです。他者を軽蔑する人は他者から軽蔑され、仲間と敵対する人は自分が抵抗されることになります。人々が分断していることに驚いたり嘆いたりするべきではありません。自分自身が争いを広めていることを知らなければなりません。己の平和が足りていないことを理解すべきなのです。

自己を克服する道を辿ることで、「完全なる平和」が達成されます。


Where passion is, peace is not; where peace is, passion is not.

En pray for peace, yet cling to passion; they foster strife, yet pray for heavenly rest. This is ignorance, profound spiritual ignorance ; it is not to know the first letter in the alphabet of things divine. Hatred and love, strife and peace, cannot dwell together in the same heart. Where one is admitted as a welcome guest, the other will be turned away as an unwelcome stranger. He who despises another will be despised by others ; he who opposes his fellow-men will himself be resisted. He should not be surprised, and mourn, that men are divided. He should know that he is propagating strife. He should understand his lack of peace.

By the way of self-conquest is the Perfect Peace achieved.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0729hand-3889288_1280 神聖なる善が実践されるとき、人生は至福です。

卓越した美徳を持つことは、卓越した幸福を享受することです。イエスが差し出す祝福された至福は、祝福された美徳を持つ者たち、慈悲深い者たち、清らかなハートの者たち、平和をもたらす者たちなどに約束されています。高尚な美徳は、単に人を幸福に導くだけのものではなく、それそのものが幸福なのです。卓越した美徳の人が不幸になるのは不可能です。不幸の原因は利己的な性質の中に探し出されるのであって、自己犠牲の性質の中にではありません。人は、美徳を持ちながらも不幸であることはあり得るかもしれませんが、神聖なる美徳においてはあり得ません。人間の美徳には自己が混ざっているために不幸も混ざっているのですが、神聖なる美徳からはあらゆる自己の痕跡が取り払われると同時に、あらゆる苦しみのかけらも取り払われているのです。

「真実」は、高みの向こう側に横たわっています。


When divine good is practiced, life is bliss.
To have transcendent virtue is to enjoy transcendent felicity. The beatific blessedness which Jesus holds out is promised to those having the beatific virtues—to the merciful, the pure in heart, the peacemakers, and so on. The higher virtue does not merely and only lead to happiness, it is happiness. It is impossible for a man of transcendent virtue to be unhappy. The cause of unhappiness must be sought and found in the self-loving elements, and not in the self-sacrificing qualities. A man may have virtue and be unhappy, but not so if he have divine virtue. Human virtue is mingled with self, and therefore with sorrow ; but from divine virtue every taint of self has been purged away, and with it every vestige of misery.
Truth lies upward and beyond.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0728frost-1148984_1280
悪は経験であって、力ではありません。

悪の辛い経験は、新たな善の経験が意識の領域にやってきてそこを占拠することで消え去ります。では、その新たな善の経験とは何でしょう? それは、罪からの自由という喜ばしい知識だったり、後悔がないことだったり、誘惑のあらゆる苦痛からの解放だったり、以前には深い苦悩をもたらした状態や状況における言いようのない喜びだったり、他者の行動によって傷つけられないことだったり、大いなる忍耐と優しさという性格だったり、どんな状況においても冷静さを保つマインドだったり、疑いや恐れ、不安から解き放たれることだったり、あらゆる嫌悪や嫉妬、敵意から自由になることだったりと、多様で美しいものです。

悪とは無知で未発達の状態であり、知識の光を前にすると引き下がり、消えてしまいます。


Evil is an experience, and not a power.

The painful experiences of evil pass away as the new experiences of good enter into and possess the field of consciousness. And what are the new experiences of good? They are many and beautiful—such as the joyful knowledge of freedom from sin; the absence of remorse; deliverance from all the torments of temptation; ineffable joy in conditions and circumstances which formerly caused deep affliction; imperviousness to hurt by the actions of others; great patience and sweetness of character; serenity of mind under all circumstances; emancipation from doubt, fear, and anxiety; freedom from all dislike, envy, and enmity.

Evil is a state of ignorance, of undevelopment, and as such it recedes and disappears before the light of knowledge.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0727woman-4342930_1280
それが骨董品であろうが人であろうが、偽物に価値はありません。

自分以外の何者かになろうとせず、美徳を装ったり、身分の高さを当然と思ったり、ごまかしを身につけたりすることなく、真実の存在であることがとても大切です。偽善者は、自分が世界や世界を司る永遠の法則の目をごまかすことができると考えていますが、本当は自分自身の目をごまかしているだけであり、その結果、世界の法則による正しい報いを受けることになるのです。とても邪悪な人々は消滅してしまうという古い仮説があります。私は、フリをする人になることが、人が消滅するということに限りなく近いのではないかと思うのですーーなぜなら、フリをすることでその人自身はどこかへ消えてしまい、その人自身の代わりに、見せかけの幻があるだけなのですから。

健全なハートを持つ人は模範となりますーーその人はただの人ではなく、現実であり、力であり、原則のかたなのです。


Spurious things have no value, whether they be bric-a-brac or men.

It is all-important that we be real; that we harbour no wish to appear other than what we are; that we simulate no virtue, assume no excellency, adopt no disguise. The hypocrite thinks he can hoodwink the world and the eternal law of the world. There is but one person that he hoodwinks, and that is himself, and for that the law of the world inflicts its righteous penalty. There is an old theory that the excessively wicked are annihilated. I think to be a pretender is to come as near to annihilation as a man can get, for there is a sense in which a man is gone, and in his place there is but a mirage of shams.

The sound-hearted man becomes an exemplar: he is, more than a man; he is a reality, a force, a moulding principle.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ