Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想6月

0615churchyard-3545000_1280
己の魂が、どんな形であれ利己心に曇らされているとき、人はスピリチュアルな識別力を失い、一時的なものと永遠なるものとを混同してしまいます。

人々は、まるでそれが永遠なるものであるかのように肉体に執着して満たそうとします。そして、人々は肉体の死滅が近づいていて避けられないのを忘れようと試みるのですが、死の恐怖と執着しているものすべての消失が、楽しいはずの時間を曇らせ、自分たち自身の利己心の冷たい影が、無慈悲な怪物となって追いかけてくるのです。

いっときの快適さと贅沢の積み重ねで内面の神聖さは眠らされ、人々は物質性の中に、朽ちる宿命にある感覚の生の中により深く深く沈んでしまいます。そして、それなりの知性と、肉体の不死性に関する理論が登場すると、それこそが絶対的な真実だと評価されるようになるのです。

この宇宙において、朽ちる宿命にあるものが永遠なるものになることは決してありませんーー永遠なるものが死んでしまうことはあり得ないのですから。


When a man's soul is clouded with selfishness in any or every form, he loses the power of spiritual discrimination, and confuses the temporal with the eternal.

Men cling to and gratify the flesh as though it were going to last for ever, and though they try to forget the nearness and inevitably of its dissolution, the dread of death and of the loss of all that they cling to clouds their happiest hours, and the chilling shadow of their own selfishness follows them like a remorseless spectre.

And with the accumulation of temporal comforts and luxuries, the divinity within men is drugged, and they sink deeper and deeper into materiality, into the perishable life of the senses ; and where there is sufficient intellect, theories concerning the immortality of the flesh come to be regarded as infallible truths.

The perishable in the universe can never become permanent ; the permanent can never pass away.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0614glass-3097577_1280
「知恵」「愛」「平和」である「永遠なる法則」との完全なる調和へと足を踏み入れてください。

この神聖な状態は、これからにおいても、単なる一個人に理解できるものではありません。個性、独自性、利己主義は同じものであり同じことで、知恵と神聖さの対照にあります。個性を完全に放棄することで独自性と利己主義が止み、人は神聖なる生来の不死性と無限性を有するようになるのです。

そのような個性の放棄は、世俗的で利己的なマインドの人にとっては、あらゆる災いの中で最も悲惨で、最も取り返しのつかない損失のように思えるのですが、実際は比類なき究極の祝福であり、ただ一つの本物で永続する進歩なのです。存在の内的な法則や、己の人生の本質と運命に無自覚なマインドは、つかの間の外見や永続的な実体のない物事に執着しますが、己の幻想が粉々になった残骸の真ん中で、一時的に執着が消えるのです。

「愛」は普遍であり、至上であり、すべてを満たすーーこれが無私の愛の気づきです。


Enter into perfect harmony with the Eternal Law, which is Wisdom, Love, and Peace.

This divine state is, and must ever be, incomprehensible to the merely personal. Personality, separateness, selfishness, are one and the same, and are the antithesis of wisdom and divinity. By the unqualified surrender of the personality, separateness and selfishness cease, and man enters into the possession of his divine heritage of immortality and infinity.

Such surrender of the personality is regarded by the worldly and selfish mind as the most grievous of all calamities, the most irreparable loss, yet it is the one supreme and incomparable blessing, the only real and lasting gain. The mind unenlightened upon the inner laws of being and upon the nature and destiny of its own life clings to transient appearances, things which have in them no enduring substantiality, and so clinging, perishes, for the time being, amid the shattered wreckage of its own illusions.

Love is universal, supreme, all-sufficing. This is the realization of selfless love.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0613ocean_smallstones2019
「永遠なるハート」の安らかなる「現実」ーー。

人の心は「無限なるもの」から切り離されることはなく、まさに「無限なるもの」で満たされ得るものです。事象の夢の世界を彷徨うのを止めるまではハートに痛みの苦しみがのしかかり続け、悲しみの影が道を暗くしたとしても、やがては「永遠なるもの」の現実に帰郷するのです。

海から切り離された最小の水滴に、海のあらゆる要素が含まれているように、意識のうえで「無限なるもの」から切り離された人も、「無限なるもの」と同じものを内に含んでいます。そして、水滴が自然の法則によって最終的には海に戻る道を見つけ、海の静かな深淵に失われていくように、人も確固たる存在の本質の法則によって最後には根源に戻り、「無限なるもの」のハートの中に失われるのです。

「無限なるもの」とひとつになることが、人の目標です。


The restful Reality of the Eternal Heart.

The spirit of man is inseparable from the Infinite, and can be satisfied with nothing short of the Infinite, and the burden of pain will continue to weigh upon man’s heart, and the shadows of sorrow to darken his pathway, until, ceasing from wanderings in the dream-world of matter, he comes back to his home in the reality of the Eternal.

As the smallest drop of water detached from the ocean contains all the qualities of the ocean, so man, detached in consciousness from the Infinite, contains within himself its likeness; and as the drop of water must, by the law of nature, ultimately find its way back to the ocean and lose itself in its silent depths, so must man, by the unfailing law of his nature, at last return to his source, and lose himself in the heart of the Infinite.

To become one with the Infinite is the goal of man.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0612heart-1265200_1280
「無限」を理解することに手を伸ばしてください。

人が、地上の快楽は本物であり満足できるものだという無益な想像にふける一方で、痛みと悲しみが、その快楽の偽りと、期待を裏切る本質を、人に思い出させ続けます。完全な満足は物質的な物の中に見いだせると信じようとしてきた人は、この信念に対する内面の根強い反発に気づいています。この内面の反発は、死を逃れられない人の本質に関する速やかな反証であり、不死、永遠、無限の中にしか変わることのない満足や壊れることのない平和は見いだせないことへの、本質的で不滅の証明なのです。

人は本質的にも霊的にも神聖で永遠な存在であり、逃れられない死に浸かり、不安に悩まされながらも、自身の真の本質の意識の中に足を踏み入れようと懸命に試みているのです。

信仰の共通点ーーそれはすべての宗教の根本であり根源である、「愛」のハートです!


Reach out into a comprehension of the Infinite.

Whilst vainly imagining that the pleasures of earth are real and satisfying, pain and sorrow continually remind man of their unreal and unsatisfying nature. Ever striving to believe that complete satisfaction is to be found in material things, he is conscious of an inward and persistent revolt against this belief, which revolt is at once a refutation of his essential mortality, and an inherent and imperishable proof that only in the immortal, the eternal, the infinite, can he find abiding satisfaction and unbroken peace.

Man is essentially and spiritually divine and eternal, and, immersed in mortality and troubled unrest, he is striving to enter into a consciousness of his real nature.

The common ground of faith—the root and spring of all religion, the heart of Love!
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0611andrew-rice-8-xIvmltl2U-unsplash
肉体はマインドが具現したものです。

肉体的に苦しんでいる人が、自分のマインドを道徳と調和の原則に則って形作り始めたからといって、必ずしも直ちに治癒するわけではありません。それどころか、体が危機をもたらし、これまでの不調和の結果を振りまいている間は、一時的に、病の症状が悪化したように見えるかもしれません。正義の道に足を踏み入れた人がすぐに完全な平和を得るのではなく、稀な場合を除いては、まずは適応するための苦しい時期を通り抜けなければならないように、肉体的に苦しむ人もまた、稀な場合を除いては、すぐに完全な健康を獲得するわけではないのです。肉体の改善は精神の改善同様に時間を要するもので、たとえもし健康に達していなくても、近づいてはいるのです。もしもマインドが強靭ならば、肉体の状況は二次的で従属的な位置づけになり、多くの人が与えてしまっている最重要の位置づけではなくなります。

精神の調和、または健全さが、肉体的な健康を促進します。


The body is the image of the mind.

One who suffers in body will not necessarily at once be cured when he begins to fashion his mind on moral and harmonious principles; indeed, for a time, while the body is bringing to a crisis, and throwing off the effects of former inharmonies, the morbid condition may appear to be intensified. As a man does not gain perfect peace immediately he enters upon the path of righteousness, but must, except in rare instances, pass through a painful period of adjustment, neither does he, with the same rare exception, at once acquire perfect health. Time is required for bodily as well as mental readjustment, and even if health is not reached, it will be approached. If the mind be made robust, the bodily condition will take a secondary and subordinate place, and will cease to have that primary importance which so many give to it.



Mental harmony, or moral wholeness, makes for bodily health.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ