Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想6月

0612heart-1265200_1280
「無限」を理解することに手を伸ばしてください。

人が、地上の快楽は本物であり満足できるものだという無益な想像にふける一方で、痛みと悲しみが、その快楽の偽りと、期待を裏切る本質を、人に思い出させ続けます。完全な満足は物質的な物の中に見いだせると信じようとしてきた人は、この信念に対する内面の根強い反発に気づいています。この内面の反発は、死を逃れられない人の本質に関する速やかな反証であり、不死、永遠、無限の中にしか変わることのない満足や壊れることのない平和は見いだせないことへの、本質的で不滅の証明なのです。

人は本質的にも霊的にも神聖で永遠な存在であり、逃れられない死に浸かり、不安に悩まされながらも、自身の真の本質の意識の中に足を踏み入れようと懸命に試みているのです。

信仰の共通点ーーそれはすべての宗教の根本であり根源である、「愛」のハートです!


Reach out into a comprehension of the Infinite.

Whilst vainly imagining that the pleasures of earth are real and satisfying, pain and sorrow continually remind man of their unreal and unsatisfying nature. Ever striving to believe that complete satisfaction is to be found in material things, he is conscious of an inward and persistent revolt against this belief, which revolt is at once a refutation of his essential mortality, and an inherent and imperishable proof that only in the immortal, the eternal, the infinite, can he find abiding satisfaction and unbroken peace.

Man is essentially and spiritually divine and eternal, and, immersed in mortality and troubled unrest, he is striving to enter into a consciousness of his real nature.

The common ground of faith—the root and spring of all religion, the heart of Love!
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0611andrew-rice-8-xIvmltl2U-unsplash
肉体はマインドが具現したものです。

肉体的に苦しんでいる人が、自分のマインドを道徳と調和の原則に則って形作り始めたからといって、必ずしも直ちに治癒するわけではありません。それどころか、体が危機をもたらし、これまでの不調和の結果を振りまいている間は、一時的に、病の症状が悪化したように見えるかもしれません。正義の道に足を踏み入れた人がすぐに完全な平和を得るのではなく、稀な場合を除いては、まずは適応するための苦しい時期を通り抜けなければならないように、肉体的に苦しむ人もまた、稀な場合を除いては、すぐに完全な健康を獲得するわけではないのです。肉体の改善は精神の改善同様に時間を要するもので、たとえもし健康に達していなくても、近づいてはいるのです。もしもマインドが強靭ならば、肉体の状況は二次的で従属的な位置づけになり、多くの人が与えてしまっている最重要の位置づけではなくなります。

精神の調和、または健全さが、肉体的な健康を促進します。


The body is the image of the mind.

One who suffers in body will not necessarily at once be cured when he begins to fashion his mind on moral and harmonious principles; indeed, for a time, while the body is bringing to a crisis, and throwing off the effects of former inharmonies, the morbid condition may appear to be intensified. As a man does not gain perfect peace immediately he enters upon the path of righteousness, but must, except in rare instances, pass through a painful period of adjustment, neither does he, with the same rare exception, at once acquire perfect health. Time is required for bodily as well as mental readjustment, and even if health is not reached, it will be approached. If the mind be made robust, the bodily condition will take a secondary and subordinate place, and will cease to have that primary importance which so many give to it.



Mental harmony, or moral wholeness, makes for bodily health.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0610storm-1048942_1280
人は、思考によって自分自身を縛りつけます。

人は精神力の道具であるーーというのは真実であり、より正確には、人がその精神力なのですが、その力は無目的なわけではなく、新しい方向に持っていくことができます。要するに、人は自分自身を手中に収め、自分の習慣を再構築することができますーーなぜなら、人はある一定の性格を持って生まれてくるという真実はあるものの、その性格は数えきれない生まれ変わりの中における選択と意図によって徐々に築き上げられたものであり、この人生における新たな経験によって大いに修正されるのです。

悪習慣または悪い特徴ーーこの二つは本質的に同じものですーーの暴威の下で、人がどれだけ明らかに無力だったとしても、冷静さが残っている限り、そこから逃れて自由になることができます。

変化されたマインドの態度は性格を、習慣を、人生を変えます。


By thoughts man binds himself.

It is true that man is the instrument of mental forces—or to be more accurate, he is those forces—but they are not blind, and he can direct them into new channels. In a word, he can take himself in hand and reconstruct his habits ; for though it is also true that he is born with a given character, that character is the product of numberless lives during which it has been slowly built up by choice and effort, and in this life it will be considerably modified by new experiences.

No matter how apparently helpless a man has become under the tyranny of a bad habit, or a bad characteristic—and they are essentially the same—he can, so long as sanity remains, break away from it and become free.

A changed attitude of mind changes the character, the habits, the life.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0609open-theater-1708362_1280
人は、高い奉仕に参加することで、低い物事の熟練者になります。

人は同じ考え、同じ行動、同じ経験を、それらが自分の存在に統合されるまで、そして自分自身の性格の一部に組み込まれるまで、何度も何度も繰り返します。進化とは精神活動の積み重ねなのです。今日こんにちの人は、思考と行動を何百万回も繰り返した結果です。人は既成の存在ではなく、何者かになるのであり、今も何者かになっていっているのです。人の性格は、その人自身の選択によってあらかじめ決定されます。人は、習慣によって選択された思考や行動になっていくのです。

このように、人はみなそれぞれが、思考と行為の積み重ねられたものなのです。人が本能的に、意図せずに現す特徴は、思考と行動の連なりが、長い間の繰り返しによって自動になってしまったものですーーなぜなら、習慣の性質とは最終的に無意識になり、本人の明確な選択や意図なしにでもそれそのものを繰り返すことにあり、やがては逆らおうとする意志の力を無力化してしまうようになるまで、本人を完全に我がものにしてしまいます。

習慣は繰り返しです。能力は固定された習慣です。


He becomes the master of the lower by enlisting in the service of the higher.

Man repeats the same thoughts, the same actions, the same experiences over and over again, until they are incorporated with his being, until they are built into his character as part of himself. Evolution is mental accumulation. Man to-day is the result of millions of repetitious thoughts and acts. He is not ready-made, he becomes, and is still becoming. His character is pre-determined by his own choice. The thought, the act, which he chooses, that, by habit, he becomes.

Thus each man is an accumulation of thoughts and deeds. The characteristics which he manifests instinctively and without effort are lines of thought and action become, by long repetition, automatic ; for it is the nature of habit to become, at last, unconscious, to repeat, as it were, itself without any apparent choice or effort on the part of its possessor ; and in due time it takes such complete possession of the individual as to appear to render his will powerless to counteract it.

Habit is repetition. Faculty is fixed habit.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0608girl-2573111_1280
私たちが自分の人生の目的を達成するのを邪魔できるものは、何もありません。

人の能力は、識別することと選択することにあります。人が宇宙の状態や宇宙の法則を創造する余地はひとかけらもありませんーーそれらは物事の本質的な原則であり、創造したり非創造したりすることはできないのです。人はそれらを創造するのではなく、発見するのです。それらに対する無知が、世界の苦しみの根元です。それらに逆らうことは愚かであり、束縛されることです。自国の法律に逆らう泥棒と、自国の法律に従う正直な市民では、どちらがより自由な人間でしょうか? 重ねて聞きますが、好きなように生きられると考える愚か者と、正しいことだけを選択して実行する賢い人では、どちらがより自由な人間でしょうか?

人は、事象の性質においては習慣に縛られた存在であり、人はこれを変えることはできませんが、己の習慣を変えることはできます。人は己の性質に関する法則を変えることはできなくても、己の性質を法則に適応させることはできるのです。

思考と行動の習慣が善良であれば、その人は善良な人です。


Nothing can prevent us from accomplishing the aims of our life.

Man's power subsists in discrimination and choice. Man does not create one jot of the universal conditions or laws ; they are the essential principles of things, and are neither made nor unmade. He discovers, not makes, them. Ignorance of them is at the root of the world s pain. To defy them is folly and bondage. Who is the freer man, the thief who defies the laws of his country, or the honest citizen who obeys them ? Who, again, is the freer man, the fool who thinks he can live as he likes, or the wise man who chooses to do only that which is right?

Man is, in the nature of things, a being of habit, and this he cannot alter ; but he can alter his habits. He cannot alter the law of his nature, but he can adapt his nature to the law.

He is the good man whose habits of thought and action are good.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ