Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想6月

0617mountains-4429382_1280
すべての人に対する愛の中で自己を葬り去ることが、ただ一つの本当の奉仕です。

己の利己心と絶えず戦い、すべてを抱く愛が利己心を超えるよう努力する人は誰であれーーたとえ小屋に住んでいようが富と権力の中にいようが、説教する人であろうが無名の人であろうがーー聖人なのです。

より高尚な物事に対する大望を抱き始めた俗人にとって、心優しきアッシジの聖フランチェスコあるいは超克の聖アントニオのような聖人は、輝かしく心揺さぶる存在です。彼ら聖人にとって、同じように魂を奪われるのは、誘惑が決して届かない場所にいて、もはや後悔や良心の呵責に苦しめられることはなく、罪や悲しみの覇者として穏やかに神聖な佇まいで座っている賢人の存在です。そして、その賢人でさえも、無私の務めにおいてその知識を積極的に現し、人類の痛み悲しむハートにその身を沈めることで自身の神聖さを善のために有効に行使する、「救世主」の偉大な栄光の姿に突き動かされるのです。

個人を超えた務めだけが、生き残ることができます。


This only is true service to forget oneself in love towards all.

Whoever fights ceaselessly against his own selfishness, and strives to supplant it with all-embracing love, is a saint, whether he live in a cottage or in the midst of riches and influence ; or whether he preaches or remains obscure.

To the worldling, who is beginning to aspire towards higher things, the saint, such as a sweet St. Francis of Assisi, or a conquering St. Anthony, is a glorious and inspiring spectacle; to the saint, an equally enrapturing sight is that of the sage, sitting serene and holy, the conqueror of sin and sorrow, no more tormented by regret and remorse, and whom even temptation can never reach; and yet even the sage is drawn on by a still more glorious vision, that of the Saviour actively manifesting His knowledge in selfless works, and rendering His divinity more potent for good by sinking Himself in the throbbing, sorrowing heart of mankind.

Only the work that is impersonal can live.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0616marguerites-381222_1280
人は肉体を永遠のものにすることはできません。

多種多様な生の最大の本質は、変化すること、永久的でないこと、耐久性を持たないことです。本質の「原則」だけが時を超えます。本質は多数あり、分離によって特徴づけられます。「原則」はひとつであり、結束によって特徴づけられます。感覚や内面の利己心を乗り越えること……いわば本質を乗り超えることで、人は個性や幻想の殻から抜け出して、朽ちゆくものすべての起源である個人を超えた栄光の光の中へ、「真実」の領域の中へと飛んでいくのです。

それ故に、人々には克己を実践させ、動物的な傾向に打ち勝つようにさせ、贅沢や快楽に縛られることを拒絶させ、最後には「神聖なるもの」に達するまで、日々より高くそしてかつてないほど高い美徳に達するほどに美徳を実践させましょう。

「神」の意識状態を実現することによってのみ、人は不死に足を踏み入れるのです。


Man cannot immortalize the flesh.

All nature in its myriad forms of life is changeable, impermanent, unenduring. Only the informing Principle of nature endures. Nature is many, and is marked by separation. The informing Principle is one, and is marked by unity. By overcoming the senses and the selfishness within, which is the overcoming of nature, man emerges from the chrysalis of the personal and illusory, and wings himself into the glorious light of the impersonal, the region of Truth, out of which all perishable forms come.

Let men, therefore, practise self-denial ; let them conquer their animal inclinations ; let them refuse to be enslaved by luxury and pleasure ; let them practise virtue, and grow daily into higher and ever higher virtue, until at last they grow into the Divine.

Only by realzing the God state of consciousness does man enter into immortality.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0615churchyard-3545000_1280
己の魂が、どんな形であれ利己心に曇らされているとき、人はスピリチュアルな識別力を失い、一時的なものと永遠なるものとを混同してしまいます。

人々は、まるでそれが永遠なるものであるかのように肉体に執着して満たそうとします。そして、人々は肉体の死滅が近づいていて避けられないのを忘れようと試みるのですが、死の恐怖と執着しているものすべての消失が、楽しいはずの時間を曇らせ、自分たち自身の利己心の冷たい影が、無慈悲な怪物となって追いかけてくるのです。

いっときの快適さと贅沢の積み重ねで内面の神聖さは眠らされ、人々は物質性の中に、朽ちる宿命にある感覚の生の中により深く深く沈んでしまいます。そして、それなりの知性と、肉体の不死性に関する理論が登場すると、それこそが絶対的な真実だと評価されるようになるのです。

この宇宙において、朽ちる宿命にあるものが永遠なるものになることは決してありませんーー永遠なるものが死んでしまうことはあり得ないのですから。


When a man's soul is clouded with selfishness in any or every form, he loses the power of spiritual discrimination, and confuses the temporal with the eternal.

Men cling to and gratify the flesh as though it were going to last for ever, and though they try to forget the nearness and inevitably of its dissolution, the dread of death and of the loss of all that they cling to clouds their happiest hours, and the chilling shadow of their own selfishness follows them like a remorseless spectre.

And with the accumulation of temporal comforts and luxuries, the divinity within men is drugged, and they sink deeper and deeper into materiality, into the perishable life of the senses ; and where there is sufficient intellect, theories concerning the immortality of the flesh come to be regarded as infallible truths.

The perishable in the universe can never become permanent ; the permanent can never pass away.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0614glass-3097577_1280
「知恵」「愛」「平和」である「永遠なる法則」との完全なる調和へと足を踏み入れてください。

この神聖な状態は、これからにおいても、単なる一個人に理解できるものではありません。個性、独自性、利己主義は同じものであり同じことで、知恵と神聖さの対照にあります。個性を完全に放棄することで独自性と利己主義が止み、人は神聖なる生来の不死性と無限性を有するようになるのです。

そのような個性の放棄は、世俗的で利己的なマインドの人にとっては、あらゆる災いの中で最も悲惨で、最も取り返しのつかない損失のように思えるのですが、実際は比類なき究極の祝福であり、ただ一つの本物で永続する進歩なのです。存在の内的な法則や、己の人生の本質と運命に無自覚なマインドは、つかの間の外見や永続的な実体のない物事に執着しますが、己の幻想が粉々になった残骸の真ん中で、一時的に執着が消えるのです。

「愛」は普遍であり、至上であり、すべてを満たすーーこれが無私の愛の気づきです。


Enter into perfect harmony with the Eternal Law, which is Wisdom, Love, and Peace.

This divine state is, and must ever be, incomprehensible to the merely personal. Personality, separateness, selfishness, are one and the same, and are the antithesis of wisdom and divinity. By the unqualified surrender of the personality, separateness and selfishness cease, and man enters into the possession of his divine heritage of immortality and infinity.

Such surrender of the personality is regarded by the worldly and selfish mind as the most grievous of all calamities, the most irreparable loss, yet it is the one supreme and incomparable blessing, the only real and lasting gain. The mind unenlightened upon the inner laws of being and upon the nature and destiny of its own life clings to transient appearances, things which have in them no enduring substantiality, and so clinging, perishes, for the time being, amid the shattered wreckage of its own illusions.

Love is universal, supreme, all-sufficing. This is the realization of selfless love.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

0613ocean_smallstones2019
「永遠なるハート」の安らかなる「現実」ーー。

人の心は「無限なるもの」から切り離されることはなく、まさに「無限なるもの」で満たされ得るものです。事象の夢の世界を彷徨うのを止めるまではハートに痛みの苦しみがのしかかり続け、悲しみの影が道を暗くしたとしても、やがては「永遠なるもの」の現実に帰郷するのです。

海から切り離された最小の水滴に、海のあらゆる要素が含まれているように、意識のうえで「無限なるもの」から切り離された人も、「無限なるもの」と同じものを内に含んでいます。そして、水滴が自然の法則によって最終的には海に戻る道を見つけ、海の静かな深淵に失われていくように、人も確固たる存在の本質の法則によって最後には根源に戻り、「無限なるもの」のハートの中に失われるのです。

「無限なるもの」とひとつになることが、人の目標です。


The restful Reality of the Eternal Heart.

The spirit of man is inseparable from the Infinite, and can be satisfied with nothing short of the Infinite, and the burden of pain will continue to weigh upon man’s heart, and the shadows of sorrow to darken his pathway, until, ceasing from wanderings in the dream-world of matter, he comes back to his home in the reality of the Eternal.

As the smallest drop of water detached from the ocean contains all the qualities of the ocean, so man, detached in consciousness from the Infinite, contains within himself its likeness; and as the drop of water must, by the law of nature, ultimately find its way back to the ocean and lose itself in its silent depths, so must man, by the unfailing law of his nature, at last return to his source, and lose himself in the heart of the Infinite.

To become one with the Infinite is the goal of man.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ