Nanala Land

スピリチュアル・ナビゲーション

毎日の瞑想10月

1031cristina-gottardi-gWI_AubesEQ-unsplash
他者の賛同に拠り所を求める人にとって、偉大さは苦痛や不安になります。

自分自身を外側のあらゆるものから切り離し、内側の美徳にしっかりと安住するーーこれが「確かな知恵」です。この「知恵」があれば、富める時も貧しき時も、人は変わることはありません。この強さに付け加えるべきものはなにもなく、他の誰かに心の平静を奪われることもありません。内面の汚れを洗いさってしまえば金持ちたちに汚されることもなく、己の魂の寺院を貶めることをやめれば持たざるものたちに貶められることもありません。

どんな外側のものや出来事への従属も拒み、すべてのものや出来事はあなたのためにーーあなたに何かを教えるために起きていると見做すこと、これが「知恵」です。賢明な人々にとってはあらゆる出来事が善であり、悪を見る目を持たないゆえに、日々知恵を育てるのです。賢明な人々はあらゆる物事を役立てるので、すべてを足元に置いておきます。賢明な人々は自分が間違いを犯したらすぐにわかり、「神聖なる秩序」においてはどんな間違いも存在しないことを理解しながら、本質的な価値の学びとして受け入れるのです。

愛されていないところを愛するーーここに、人を決して失望させることのない強さがあります。


Great will be his pain and unrest who seeks to stand upon the approbation of others.

To detach oneself from every outward thing, and to rest securely upon the inward virtue, this is the Unfailing Wisdom. Having this Wisdom, a man will be the same whether in riches or poverty. The one cannot add to his strength, nor the other rob him of his serenity. Neither can riches defile him who has washed away all the inward defilement, nor the lack of them degrades him who has ceased to degrade the temple of his soul.

To refuse to be enslaved by any outward thing or happening, regarding all such things and happenings as for your use, for your education, this is Wisdom. To the wise all occurrences are good, and, having no eye for evil, they grow wiser every day. They utilize all things, and thus put all things under their feet. They see all their mistakes as soon as made, and accept them as lessons of intrinsic value, knowing that there are no mistakes in the Divine Order.

To love where one is not loved; herein lies the strength which shall never fail a man.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1030_2015-10-13-roman-005
自己存在に内在する「現実」を見いだした人は、根源であり宇宙の「現実」を見いだしたのです。

内にある「神聖なるハート」を熟知することで、あらゆるハートに精通し、己の思考の主人となることで、あらゆる人の思考が自分のものになりますーーそれゆえに、善良な人は自己弁護せず、他者のマインドが自分と似たものになるよう影響を与えるのです。

難解な状態が粗野な状態を超越しているように、「清らかな善性」は難解な状態を超越しています。「清らかな善性」に到達すると、すべての問題は消滅しますーーそれゆえに、善良な人は「幻影の討ち手」と呼ばれるのです。罪業のないところで、どのような問題に煩わされるというのでしょう? 騒がしく戦えば、休息などありません! 自己存在の神聖な静寂の中に退き、そこから生きてください。「清らかな善性」を見いだしたなら「幻影の寺院のとばり」を二つに引き裂き、「忍耐」「平和」そして超越的な「完全の栄光」の中へと進んでくださいーー「清らかな善性」と「根源の純粋」はひとつなのですから。

「根源の純粋」はこの上なく純粋なので、知覚できるようになるためには、握りしめているものすべてを手放さなければなりません。


He who has found the indwelling Reality of his own being has found the original and universal Reality.

Knowing the Divine Heart within, all hearts are known, and the thoughts of all men become his who has become master of his own thoughts; therefore the good man does not defend himself, but moulds the minds of others to his own likeness.

As the problematical transcends crudity, so Pure Goodness transcends the problematical. All problems vanish when Pure Goodness is reached; therefore the Good man is called "The Slayer of illusions." What problem can vex where sin is not? O thou who strivest loudly and resteth not! Retire into the holy silence of thine own being, and live there from. So shalt thou, finding Pure Goodness, rend in twain the Veil of the Temple of Illusion, and shalt enter into the Patience, Peace, and transcendent Glory of the Perfect, for Pure Goodness and Original Simplicity are one.

So extremely simple is Original Simplicity that a man must let go his hold of everything before he can perceive it.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1029aaron-burden-uj3Y7r1BeM-unsplash
「真実」は、それそのものを生きています。

「柔和」「忍耐」「愛」「慈悲」そして「知恵」ーーこれらは「根源の純粋」の主となる特性であり、それゆえに不完全には理解できません。「知恵」は「知恵」によってしか理解できず、それゆえに愚者は「誰も賢明ではない」と言い、愚者のままあり続けるのです。愚者は、たとえ生涯にわたって完全なる人と共に暮らしたとしても、その完全性を見ることはないでしょう。その人は「柔和」を臆病と呼び、「忍耐」「愛」「慈悲」を弱さとして見、「知恵」を愚案だと思うのです。完璧な識別力は「完全なる全体」に属するものであり、断片には在りませんーーそれゆえに、人は自分自身で「完全なる人生」を顕在化するまでは、判断を控えるよう説き勧められるのです。

罪なき人生が、「真実」の唯一の証人です。


Truth lives itself.

Meekness, Patience, Love, Compassion, and Wisdom—these are the dominant qualities of Original Simplicity; therefore the imperfect cannot understand it. Wisdom only can apprehend Wisdom, therefore the fool says, "No man is wise." The imperfect man says, "No man can be perfect," and he therefore remains where he is. Though he lives with a perfect man all his life, he shall not behold his perfection. Meekness he will call cowardice; Patience, Love, Compassion he will see as weakness; and Wisdom will appear to him as folly. Faultless discrimination belongs to the Perfect Whole, and resides not in any part; therefore men are exhorted to refrain from judgment until they have themselves manifested the Perfect Life.

A blameless life is the only witness of Truth.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1028thomas-vuillemin-c1_K8Qfd_iQ-unsplash
清らかな人は、自分自身が清らかな存在であることを知っています。

秘めたる色情、強欲、怒り、あれやこれやについての見解を放棄しない人は、何を見ることも知ることもできません。その人は、たとえ大学で学んだとされていても、「知恵」の学校ではまぬけなままです。

知識の鍵を見つけようとする人がいたら、自分自身で見つけさせましょう。罪業はあなた自身ではなく、あなた自身の一部ですらなく、あなたが愛するようになってしまった病なのです。罪業にしがみつくのをやめましょうーーそうすれば、罪業があなたにしがみつくことはなくなります。罪業が落ち去るようにさせましょうーーそうすれば、あなた自身が立ち現れます。あなたは、自分自身が「包括的なビジョン」であり、「唯一無二の原則」であり、「不死の生」であり、「永遠なる善」であることを知るでしょう。

清らかさは極めて単純であり、援護のための議論を必要としません。


The pure man knows himself as pure being.

Sink thyself compassionately in the heart of humanity, and thou shalt reproduce the harmonies of He who will not give up his secret lust, his covetousness, his anger, his opinion about this or that, can see nor know nothing; he will remain a dullard in the school of Wisdom, though he be accounted learned in the colleges.

If a man would find the key of Knowledge, let him find himself. Thy sins are not thyself; they are not any part of thyself; they are diseases which thou hast come to love. Cease to cling to them, and they will no longer cling to thee. Let them fall away, and thyself shall stand revealed. Thou shalt know thyself as Comprehensive Vision, Invincible Principle, Immortal Life, and Eternal Good.

Purity is extremely simple, and needs no argument to support it.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

1027pikwizard-ccf82b63f1ae911a72a8f34d6594323b
音楽における完璧な和音では、単音は、それが埋もれてしまっていたとしても、なくてはならない存在です。水滴は、海の中に自らを失うことで、最高の有益生を持つに至ります。

慈悲のハートの中に情け深く自らを沈めてくださいーーそうすれば、あなたは「天国」のハーモニーを再現するでしょう。ありとしあらゆるものへの無限の愛の中に自らを失ってくださいーーそうすれば、あなたは永続する務めに従事し、果てしない「至福の海」とひとつになるでしょう。

人は、複雑さの果てまで外に向かって進化し、そこから「中心部の純粋」へと巻き戻るのです。自分自身を知らない限り宇宙を知ることは数学的に不可能なことを発見すると、人は「中心部の純粋」に至る道を歩き始めます。するとその人は内面から展開し始め、自分自身を展開するたびに、宇宙を抱くようになるのです。

「神」についてあれこれ思索するのはやめて、あなたの内なる、すべてを包括する「善」を見つけましょう。


In the perfect chord of music the single note, though forgotten, is indispensably contained, and the drop of water becomes of supreme usefulness by losing itself in the ocean.

Sink thyself compassionately in the heart of humanity, and thou shalt reproduce the harmonies of Heaven; lose thyself in unlimited love toward all, and thou shalt work enduring works and shalt become one with the eternal Ocean of Bliss.

Man evolves outward to the periphery of complexity, and then involves backward to the Central Simplicity. When a man discovers that it is mathematically impossible for him to know the universe before knowing himself, he then starts upon the Way which leads to Original Simplicity. He begins to unfold from within, and as he unfolds himself, he enfolds the universe.

Cease to speculate about God, and find the all-embracing Good within thee.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ