0908jukan-tateisi-bJhT_8nbUA0-unsplash
マインドの力なしに、価値あることを成し遂げることはできません。

一般に「意志の力」と呼ばれる不動で堅実な性格を養うことは、人が果たすべき最優先の務めのひとつですーーなぜならそれは、人の短期および長期的なウェルビーイング(幸福と健康)にとって不可欠な要素だからです。目的が定まっていることは、それが世俗的なことであれスピリチュアルなことであれ、成功に導く努力すべての基盤です。そうでなければ、本来は自分の内面から得られるべき力の支えを他人に頼ることになり、ひどくみじめになるしかないのです。

意志を養成する真の道は、個人の平凡な毎日の生活にのみあるのですが、それがあまりにも当たり前で単純なので、何か複雑で神秘的な方法を探している多くの人は、気づかずに見過ごしてしまいます。

大きな力を獲得する直接的で唯一の方法は、弱点を攻めて征服することです。


Without strength of mind, nothing worthy of accomplishment can be done.

The cultivation of that steadfastness and stability of character which is commonly called "will-power" is one of the foremost duties of man, for its possession is essentially necessary both to his temporal and external well-being. Fixedness of purpose is at the root of all successful efforts, whether in things worldly or spiritual, and without it man cannot be otherwise than wretched, and dependent upon others for that support which should be found within himself.

The true path of will-cultivation is only to be found in the common everyday life of the individual, and so obvious and simple is it that the majority, looking for something complicated and mysterious, pass it by unnoticed.

The direct and only way to greater strength is to assail and conquer weaknesses.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月8日