0907door-5619110_1280
人は、自分の行いに対してだけ責任を負っています。人は己の行動の監守人なのです。

『悪の問題』は、人間自身の悪行の中に存在していて、そうした行為が浄化されたときに解決します。ルソー*1はこう言っていますーー人間よ、これ以上悪の起源を探すのを止めなさい。あなた方自身がその起源なのだから。

結果を原因から分離させることは決してできません。結果が原因と異なる性質になることはあり得ないのです。エマーソン*2はこう言っていますーー正義が後回しにされることはない。完全な公正が、人生のあらゆる側面において均衡を保っているのだ。

原因と結果が同期している深遠な意識の働きがあって、一つの完全な全体を形成しています。従って、誰かが冷酷な行為について考えたり発言したりすれば、その瞬間にその人は自分のマインドを傷つけ、以前と同じ人ではなくなっているのです。その人は以前よりも少し卑劣で、以前よりも少し不幸になっています。この思考と行為の繰り返しが、冷酷で哀れな人間を生み出すのです。

高潔さや幸福は、優しい考えか優しい行為を伴って現れます。


Man is responsible only for his own deeds; he is the custodian of his own actions.

The "problem of evil" subsists in a man’s own evil deeds, and it is solved when those deeds are purified. Says Rousseau: "Man, seek no longer the origin of evil; thou thyself art its origin."

Effect can never be divorced from cause; it can never be of a different nature from cause. Emerson says: "Justice is not postponed; a perfect equity adjusts the balance in all parts of life."

And there is a profound sense in which cause and effect are simultaneous, and form one perfect whole. Thus, upon the instant that a man thinks, say, a cruel deed, that same instant he has injured his own mind; he is not the same man he was the previous instant; he is a little viler and a little more unhappy; and a number of successive thoughts and deeds would produce a cruel and wretched man.

An immediate nobility and happiness attend the thinking of a kind thought, or doing a kind deed.
*1ジャン=ジャック・ルソー(1712年-1778年)
*2ラルフ・ワルド・エマーソン(1803年-1882年)
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月7日