0904karsten-winegeart-5sGYotxAuUA-unsplash
目に見えるものも見えないものも、森羅万象は、無限で永遠なる法則と因果関係に服従し、その領域内に収まっています。

完全な正義が宇宙を維持し、完全な正義が人間の生と行動を統制しています。今日の世界で見られる生の様々な状態すべてが、人間の行動に対してこの法則が作用した結果なのです。人は、法則が作動する中でどんな原因を置くかを選ぶことはでき(そして選び)ますが、結果の性質を変えることはできません。人は、どんな考えを思考し、どんな行動をとるかを決めることはできますが、それらの思考や行動の結果に対して及ぼせる力はありませんーーなぜなら、結果は絶対的な法則に統制されているからです。

人は行動に対する全能力を備えていますが、その力は行動を起こしたところで終わります。行動の結果は変えることも、取り消すことも、逃れることもできません。結果は取り消し不能なのです。

悪意や悪行は苦しい状態を生み出し、善意や善行は幸福な状態に帰結します。


All things, whether visible or invisible, are subservient to, and fall within the scope of, the infinite and eternal law and causation.

Perfect justice upholds the universe; perfect justice regulates human life and conduct. All the varying conditions of life, as they obtain in the world to-day, are the results of this law reacting on human conduct. Man can (and does) choose what causes he shall set in operation, but he cannot change the nature of effects; he can decide what thoughts he shall think, and what deeds he shall do, but he has no power over the results of those thoughts and deeds; these are regulated by the over-ruling law.

Man has all power to act, but his power ends with the act committed. The result of the act cannot be altered, annulled, or escaped; it is irrevocable.

Evil thoughts and deeds produce conditions of suffering; good thoughts and deeds determine conditions of blessedness.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月4日