0923ec_cat20191120
人間の善なる部分が誘惑に駆られることは決してありません。善性は誘惑を打ち砕くのです。

興奮や誘惑を受けるのは人間の悪なる部分であり、人が誘惑に駆られる度合いは、その人自身の罪深さの程度と同等です。人が己のハートを浄化するたびに、誘惑は止んでいきますーーなぜなら、ある種の背徳的な欲求がハートから取り除かれると、以前は興味をそそられた物が魅力と力を失い、もはや惹かれなくなるからです。その物に反応する要素が、ハートの中に何も残っていないのです。誠実な人は、どれほど絶好の機会が与えられても、盗みをする誘惑に駆られることはありません。清らかな食欲を持つ人が、暴飲暴食の誘惑に駆られることはありません。内面の美徳の力の中でマインドが穏やかな人は、決して怒りの誘惑に屈することはなく、清らかなハートにとって、自分に向けられる誘惑者の手練手管や魅力は空虚で意味のない幻でしかありません。

誘惑は、その人がいる場所を明らかにします。


The good in a man is never tempted. Goodness destroys temptation.

It is the evil in a man that is aroused and tempted. The measure of a man’s temptations is the exact register of his own unholiness. As a man purifies his heart, temptation ceases, for when a certain unlawful desire has been taken out of the heart the object which formerly appealed to it can no longer do so, but becomes dead and powerless, for there is nothing left in the heart that can respond to it. The honest man cannot be tempted to steal, let the occasion be ever so opportune ; the man of purified appetites cannot be tempted to gluttony and drunkenness; he whose mind is calm in the strength of inward virtue can never be tempted to anger, and the wiles and charms of the wanton fall upon the purified heart as empty, meaningless shadows.

Temptation shows a man just where he is.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月23日