0922food-1749029_1280
あらゆる誘惑は、内側からやって来ます。

人々が誘惑に打ち勝てずに延々と戦い続けているのは、例外なく誰もがふたつの思い違いをしているからです。ひとつ目は、誘惑はすべて外からやって来るという思い違い、そしてふたつ目は、自分たちが善良だから誘惑されるのだという思い違いです。これらの思い違いに囚われている間は、人は進歩することはありません。思い違いを振り払ったとき、人は勝利から勝利へとすばやく進み、スピリチュアルな喜びと安らぎを味わうのです。

あらゆる誘惑の源と原因は内なる欲求にあり、その欲求が浄化され除去されてしまえば、外側の物質や外から発生する力は、魂を罪や誘惑にいざなう力をすっかり失います。外側の物資というのは誘惑の単なるきっかけにすぎず、原因とはなり得ません。原因は、誘惑される人の欲求の中にあるのです。

人が誘惑されるのは、その人が罪深いと思うようになったある種の欲求やマインドの状態があるからです。


All temptation comes from within.

Men fail to conquer, and the fight is indefinitely prolonged, because they labour, almost universally, under two delusions ; first, that all temptations come from without ; and second, that they are tempted because of their goodness. Whilst a man is held in bondage by these delusions, he will make no progress ; when he has shaken them off, he will pass on rapidly from victory to victory, and will taste of spiritual joy and rest.

The source and cause of all temptation is in the inward desire ; that being purified and eliminated, outward objects and extraneous powers are utterly powerless to move the soul to sin or to temptation. The outward object is merely the occasion of the temptation, never the cause; this is in the desire of the one tempted.

A man is tempted because there are certain desires or states of mind which he has come to regard as unholy.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月22日