0921villa-2440796_1280
敵である悪魔に打ち勝とうとするのなら、自分の砦や隠れ場所を見つけなければなりません。そしてまた、敵がやすやすと侵入してくる砦の無防備な門を捜し出さなければなりません。

誘惑の魔の手は、それに付随するすべての苦しみとともに今この場で征服することができますが、それは知識をもってしか叶いません。誘惑は暗闇もしくは薄闇の状態です。完全に目覚めた魂が、あらゆる誘惑に耐えるのです。誘惑の源、性質、そして意味を完全に理解したその時、人は誘惑に打ち勝ち、長い苦しみから解放されます。しかし、無知のまま、宗教の儀式や、祈ったり経典を読んだりすることばかりに注意を向けたままでいる間は、己の平和をもたらし損ねるでしょう。

これは聖者たちの聖なる戦いなのです。


He who would overcome his enemy the tempter must discover his stronghold and place of concealment, and must also find out the unguarded gates in his own fortress where the enemy effects so easy an entrance.

Temptation, with all its attendant torments, can be overcome here and now, but it can only be overcome with knowledge. It is a condition of darkness, or of semi-darkness. The fully enlightened soul is proof against all temptation. When a man fully understands the source, nature, and meaning of temptation, in that hour he will conquer it, and will rest from his long travail ; but whilst he remains in ignorance, attention to religious observances and much praying and reading of Scripture will fail to bring him peace.

This is the holy warfare of the saints.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月21日