0920caroline-hernandez-yl1wEVqEY8k-unsplash
自己を克服することは、不幸を生み出すあらゆる要素を撲滅することです。

自己の克服または撲滅の原理は、それそのものが単純です。実際のところ、それはあまりにも簡単で、実践的で、手の届くものなので、理論や神学体系、思索的哲学などでマインドが曇っていない5歳の子供の方が、複雑な理論を取り入れたことで単純で美しい真実を捉えられなくなってしまった多くの年長者よりも、はるかによく理解できるのです。

自己の撲滅は、魂に存在する分離や争い、苦しみ、病、不幸につながるあらゆる要素を除去し滅ぼすことで成り立ちます。それは、何であれ、美徳や美、平和を生み出す性質のものを破壊することを意味しません。

自己を克服することは、あらゆる神聖なる性質を強化することなのです。


The overcoming of self is the annihilation of all the sorrow-producing elements.

The doctrine of the overcoming or annihilation of self is simplicity itself; indeed, so simple, practical, and close at hand is it that a child of five, whose mind has not yet become clouded with theories, theological schemes, and speculative philosophies, would be far more likely to comprehend it than many older people who have lost their hold upon simple and beautiful truths by the adoption of complicated theories.

The annihilation of self consists in weeding out and destroying all those elements in the soul which lead to division, strife, suffering, disease, and sorrow. It does not mean the destruction of any good and beautiful and peace-producing quality.

The overcoming of self is the cultivation of all the divine qualities.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月20日