0919yarden-3RsAektgon4-unsplash
死ぬべき運命にある人は、始まりと終わりのある時間的またはこの世的な意識状態の中で生きています。

不死の人は、あらゆる変化にあって落ち着きと不動を保っていて、肉体の死が、その人が宿る永遠なる意識にどのような形であれ割り込むようなことはありません。そのような人は「死を味わうことがない*」のですーーなぜなら、その人は死ぬべき運命の流れから抜け出したのであり、自分自身を「真実」の住処に打ち立てたのです。肉体や性格、国、世界は消滅しても「真実」は残り、その栄光が時間によってぼやけることはありません。ですから、不死の人は自己を克服したのであり、もはや個という利己的な力と自分自身を同一視せず、その力を達人の技で制御できるよう自分を訓練し、森羅万象における因果の力と源に調和させているのです。

不死の人は、始まりも終わりもなく、永遠の今だけがある宇宙的または天国的な意識状態の中で生きています。


The mortal man lives in the time or world state of consciousness which begins and ends.

The immortal man remains poised and steadfast under all changes, and the death of his body will not in any way interrupt the eternal consciousness in which he abides. Of such a one it is said, "He shall not taste of death," because he has stepped out of the stream of mortality, and established himself in the abode of Truth. Bodies, personalities, nations, and worlds pass away, but Truth remains, and its glory is undimmed by time. The immortal man, then, is he who has conquered himself; who no longer identifies himself with the self-seeking forces of the personality, but who has trained himself to direct those forces with the hand of a master, and so has brought them into harmony with the causal energy and source of all things.

The immortal man lives in the cosmic or heaven state of consciousness, in which there is neither beginning nor end, but an eternal now.
*新約聖書 ヨハネによる福音書 8章52節より
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月19日