0918evgeni-tcherkasski-VL0gfZlSYT0-unsplash
肉体が死んだからといって、人に不死が与えられるということはありません。

霊も人間と変わらず、壊れた意識の中で熱に浮かされた生を生きているのであり、変化と死ぬべき運命に囚われています。快楽を愛する己の性格を保ち続けることを激しく求める人は、死んだ後でも死ぬべき運命を抱え、過去の記憶も未来の知識も持たずに始まりと終わりのある別の人生を生きるだけです。

不死となった人は、確固とした不変の意識の中に上昇して時間に縛られた物事から自分自身を切り離したのであり、興奮や過ぎゆく出来事に影響されることはありません。その人は、己の夢から目醒めたのであり、己の夢は永続する現実などではなく、過ぎゆく幻影であることを知っています。その人は、持続の状態と不死の状態の両方に関する知識を携えた人なのです。

不死となった人は、完全なる健全な状態にあります。


The death of the body can never bestow upon a man immortality.

Spirits are not different from men, and live their little feverish life of broken consciousness, and are still immersed in change and mortality. The mortal man, he who thirsts for the persistence of his pleasure-loving personality, is still mortal after death, and only lives another life with a beginning and an end, without memory of the past or knowledge of the future.

The immortal man is he who has detached himself from the things of time by having ascended into that state of consciousness which is fixed and unvariable, and is not affected by passing events and sensations. He is as one who has awakened out of his dream, and he knows that his dream was not an enduring reality, but a passing illusion. He is a man with knowledge, the knowledge of both states—that of persistence, and that of immortality.

The immortal man is in full possession of himself.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月18日