0917sea-3025268_1280
不死とは今ここであり、お墓の先にある何かしらの推測ではありません。

不死は時間に属しておらず、時間の中で見つけることは決してできません。不死は「永遠」に属しています。時間が今ここであるように「永遠」も今ここであり、もし人が、満足させることなく朽ち果ててしまう時間の物事に縛られた己の人生を克服するなら、その「永遠」を見つけて自分自身をその中に確立するでしょう。

人が興奮や欲求、日々の生活における過ぎゆく出来事に没頭し、それらの興奮や欲求、過ぎゆく出来事を自分自身の本質だと思っている間は、不死の知識を持つことはできません。そのような人が永遠と間違えて求めているのは持続であり、それは時間における興奮と出来事の連綿とした継続です。

持続は不死の正反対なのです。


Immortality is here and now, and is not a speculative something beyond the grave.

Immortality does not belong to time, and will never be found in time: it belongs to Eternity; and just as time is here and now, so is Eternity here and now, and a man may find that Eternity and establish himself in it, if he will overcome the self that derives its life from the unsatisfying and perishable things of time.

Whilst a man remains immersed in sensation, desire, and the passing events of his day-by-day existence, and regards those sensations, desires, and passing events as of the essence of himself, he can have no knowledge of immortality. The thing which such a man desires, and which he mistakes for immortality, is persistence; that is, a continuous succession of sensations and events of time.

Persistence is the antithesis of immortality.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月17日