0915honey-yanibel-minaya-cruz-WYxlp_q39oQ-unsplash
寛容であること、愛すること、幸せであることを身につけていない人は、とてもわずかしか身につけていないということです。

落胆やイライラ、不安、不満、非難、愚痴ーーこれらはすべて思考の害、マインドの病であり、間違った精神状態の兆候です。この状態に苦しんでいる人々は、自分たちの思考と行いを矯正することで回復するでしょう。世界は罪と苦しみで溢れているというのは真実で、だからこそ私たちすべての愛と慈しみが必要とされているのです。私たちの苦しみは必要ありませんーーすでに溢れているのですから。私たちの陽気さと幸福が必要とされていますーーなぜなら、それがあまりにも少ないからです。私たちが世界に与えらるもので、人生と性格における美より優れたものはなにもなく、他のものはすべて空虚です。この美は圧倒的に優れています。あらゆる喜びと至福を包含していて、永続的で、本物で、覆されることがありません。

人の境遇とは、決してその人に対して降りかかっているのではなく、その人を助けるためにあるのです。


He who has not learned how to be gentle, loving, and happy has learned very little.

Despondency, irritability, anxiety, complaining, condemning, and grumbling—all these are thought-cankers, mind-diseases; they are the indications of a wrong mental condition, and those who suffer therefrom would do well to remedy their thinking and conduct. It is true there is much sin and misery in the world, so that all our love and compassion are needed, but our misery is not needed—there is already too much of that. No, it is our cheerfulness and our happiness that are needed, for there is too little of that. We can give nothing better to the world than beauty of life and character; without this, all other things are vain ; this is pre-eminently excellent; it is enduring, real, and not to be overthrown, and it includes all joy and blessedness.

A man’s surroundings are never against him; they are there to aid him.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月15日