0914reflection-5146957_1280
この世の務めにおいて徹底さに欠ける人は、スプリチュアルな物事においても徹底さに欠けてしまいます。

徹底するとは完全であり完璧であることです。徹底するとは、他に望むことが何も残らないところまで丹念に行うことであり、他の人よりも上手に行わないまでも、彼らの最善に劣らないように務めを遂行することを意味します。徹底するとは、十分な思考を働かせること、大きな活力を注ぎこむこと、務めに対してマインドを粘り強く専念させること、そして根気や忍耐、高い義務感を養成することを意味します。あるいにしえの教師はこう言いましたーーなすべきならばそれをなせ 堅固にそれに邁進すべし*1。そして別の教師はこう言いましたーーすべてあなたの手のなしうる事は、力をつくして成せ*2

中途半端な信心家であるよりは、心からの俗人である方がましです。


He who lacks thoroughness in his worldly duties will also lack the same in spiritual things.

Thoroughness is completeness, perfection; it means doing a thing so well that there is nothing left to be desired; it means doing one’s work, if not better than anyone else can do it, at least not worse than the best that others do. It means the exercise of much thought, the putting forth of great energy, the persistent application of the mind to its task, the cultivation of patience, perseverance, and a high sense of duty. An ancient teacher said, "If anything has to be done, let a man do it, let him attack it vigorously"; and another teacher said, "Whatsoever thy hand findeth to do, do it with thy might."

It is better to be a whole-souled worldling than a halfhearted religionist.
*1『法句経(ダンマパダ)』 第22章313より 片山一良訳
*2新約聖書 コレヘトの言葉 9章10節より
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月14日