0913feet-316978_1280
徹底さに欠けることのよくある原因は、快楽への渇望にあります。

雇用主はみな、与えられた仕事に思考と活力を注ぎ、完璧に満足にこなす労働者を探すのがどれだけ難しいかを知っています。三流の技能者は数多く、卓越した技能を持つ者は限られています。不徹底、不注意、そして怠惰という悪習があまりにあふれているため、「社会改革」があっても失業者が増大し続けていることは不思議ではありませんーーなぜなら、今日与えられた仕事で手を抜く人々は、また別の日に仕事がどうしても必要な時になって、仕事を見つけることができないからです。

「適者生存」の法則は、冷酷さに基づいているのではなく、正義に基づいていますーーそれは、あらゆる場所に浸透している神聖なる公正さの一つの側面なのです。悪習は「多くむち打たれる*」のであり、もしそうでないのなら、どうやって美徳を発達させるのでしょう? 軽率で怠惰な人は、慎重で勤勉な人に勝ることも、同じ位置に立つこともできないのです。

快楽で占められたマインドもまた、務めを完璧にこなすことに集中できません。


The cause of the common lack of thoroughness lies in the thirst for pleasure.

Every employer of labour knows how difficult it is to find men and women who will put thought and energy into their work, and do it completely and satisfactorily. Bad workmanship abounds. Skill and excellence are acquired by few. Thoughtlessness, carelessness, and laziness are such common vices that it should cease to appear strange that, in spite of "social reform," the ranks of the unemployed should continue to swell, for those who scamp their work to-day will, another day, in the hour of deep necessity, look and ask for work in vain.

The law of "the survival of the fittest" is not based on cruelty, it is based on justice; it is one aspect of that divine equity which everywhere prevails. Vice is "beaten with many stripes"; if it were not so, how could virtue be developed ? The thoughtless and lazy cannot take precedence of, or stand equally with, the thoughtful and industrious.

The mind that is occupied with pleasure cannot also be concentrated upon the perfect performance of duty.
*新約聖書 ルカによる福音書12章47節より
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月13日