0912wooden-2598614_1280
徹底することは、小さなことを、まるでこの世界の最も重大なことであるように行うことで成り立ちます。

人生における小さな物事こそが根本的に重要であるということは、一般的に理解されていない真実です。小さな物事は無視しても、放っておいても、うやむやにしておいてもいいという考えが、よくある不徹底さの原因であり、不完全な仕事や不幸せな人生という結果に至らしめるものです。

世界や人生における偉大な物事は、小さな物事が組み合わさって成り立っているのであり、この小さな物事の集合なしには、偉大な物事は存在し得ないことを理解したとき、人はそれまで些細なこととみなしていた物事に対して、慎重な注意を払い始めます。

徹底した性格を身につけた人が、役に立ち影響力のある人間になるのです。


Thoroughness consists in doing little things as though they were the greatest things in the world.

That the little things of life are of primary importance is a truth not generally understood, and the thought that little things can be neglected, thrown aside, or slurred over is at the root of that lack of thoroughness which is so common, and which results in imperfect work and unhappy lives.

When one understands that the great things of the world and of life consist of a combination of small things, and that without this aggregation of small things the great things would be non-existent, then he begins to pay careful attention to those things which he formerly regarded as insignificant.

He who acquires the quality of thoroughness becomes a man of usefulness and influence.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月12日