0910oksana-taran-xB4ExGcUai0-unsplash
悪習慣に屈する人は、自分自身に対する支配権を失います。

自己鍛錬を忌避し、自分の側の努力をほとんどもしくは全く払わずに、意志の力を得るために何らかの「超自然的な秘技」を探し回るのは、自分自身を欺いているのであり、すでに所持している意志の力を弱めています。

悪習慣に打ち勝つことで得られる意志の強さは、良い習慣を始めることを可能にしますーーなぜなら、悪習慣を克服するには目的の力を必要とする一方で、新たな習慣を形成するには目的における知的な方向づけが不可欠だからです。これをするためには、人は精神的な行動力と活力がなければならず、自分自身を常に監視し続けなければなりません。

徹底して行うことは、意志の発達において必ず通らなければならない段階です。いい加減な仕事は、弱さのしるしなのです。


By submitting to a bad habit one forfeits the right to rule over himself.

He who thus avoids self-discipline, and looks about for some "occult secrets" for gaining will-power at the expenditure of little or no effort on his part, is deluding himself, and is weakening the willpower which he already possesses.

The strength of will which is gained by success in overcoming bad habits enables one to initiate good habits ; for, while the conquering of a bad habit requires merely strength of purpose, the forming of a new one necessitates the intelligent direction of purpose. To do this, a man must be mentally active and energetic, and must keep a constant watch upon himself.

Thoroughness is a step in the development of the will which cannot be passed over. Slipshod work is an indication of weakness.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月10日