0901jackson-david-WUydTfaP3t4-unsplash
有益で幸福な人生か否かを健康に頼るのは、物質をマインドに優先させることであり、心を肉体に従属させることです。

強固なマインドを持つ人々は、たとえ体調が優れなくても思い煩わず、まるで不調がないかのように無視し、励み、生活を続けます。このように体を物ともしないことは、マインドを健全で力強く保つだけでなく、体の癒しにとっても最善の方策です。もしも完璧に健やかな体を持てないのであれば、私たちは健康なマインドを持つことができ、健康なマインドは健やかな体への最善の道なのです。

不健康なマインドは不調な体より憂慮すべき問題であり、体の病につながります。精神薄弱は、体が病弱であるより哀れな状態です。(どの医師も知っていることですが)病人の中には、自分自身を強く、無欲で、幸せな気分に持ち上げるだけで、自分の体が健康で達者なことに気づく人々がいるのです。

道徳の原則は、幸福にとっても健康にとっても最も確かな基盤です。


To make a useful and happy life dependent upon health is to put matter before mind, is to subordinate spirit to body.

Men of robust minds do not dwell upon their bodily condition if it be in any way disordered—they ignore it, and work on, live on, as though it were not. This ignoring of the body not only keeps the mind sane and strong, but it is the best resource for curing the body. If we cannot have a perfectly sound body, we can have a healthy mind, and a healthy mind is the best route to a sound body.

A sickly mind is more deplorable than a disordered body, and it leads to sickness of body. The mental invalid is in a far more pitiable condition than the bodily invalid. There are invalids (every physician knows them) who only need to lift themselves into a strong, unselfish, happy frame of mind to discover that their body is whole and capable.

Moral principles are the soundest foundations for health, as well as for happiness.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年9月1日