1005dsc-2959
痛みや深い悲しみ、不幸せ、苦しみは、激情の花を咲かせる木の果実です。

激情に捉われた魂の目には不正義しか映らないところで、激情に打ち勝った善良な人の目には、原因と結果が……「至高の正義」が映ります。その目に不正義を映さなくなった人にとっては、自分自身を不正に扱われる存在であると見做すことが不可能なのです。自分自身を傷つけたり騙さなくなった人は、誰も自分を傷つけたり騙したりできないことを知っています。激情にかられたり無知な誰かがその人に何かを仕掛けることがあったとしても、その人にはどのような苦痛を与えることもできません。なぜならその人は、それが虐待であろうが迫害であろうが自分に起きることは何であれ、かつて自分自身が生じさせたことの結果としてのみ起きていることを知っているからです。それ故に、その人はすべての物事を善き事として捉え、あらゆる物事を喜び、敵を愛し、自分を罵る人々を祝福し、彼らが盲目であったとしても、自分が「偉大な法則」に対して負っている道義的な負債を返済することを可能にしてくれる善意の手の者たちであると見做すのです。

「至高の正義」と「至高の愛」はひとつです。


As a being of thought, your dominant mental attitude wilPain, grief, sorrow, and misery are the fruits of which passion is the flower.

Where the passion-bound soul sees only injustice, the good man, he who has conquered passion, sees cause and effect, sees the Supreme Justice. It is impossible for such a man to regard himself as treated unjustly, because he has ceased to see injustice. He knows that no one can injure or cheat him, having ceased to injure or cheat himself. However passionately or ignorantly men may act towards him, it cannot possibly cause him any pain, for he knows that whatever comes to him (it may be abuse and persecution) can only come as the effect of what he himself has formerly sent out. He therefore regards all things as good, rejoices in all things, loves his enemies, blesses them that curse him, regarding them as the blind but beneficent instruments by which he is enabled to pay his moral debts to the Great Law.

The Supreme Justice and the Supreme Love are one.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日2020年10月5日