0607runner-555074_1280
人が最も重要な要因です。

人は、もしお金の不足や時間の不足、影響力の不足、家族の束縛からの自由の不足などの状況に妨げられることがなかったら、大きなことが成し遂げられるという偽りを心に描きます。現実には、人はそれらの事柄に全く妨げられてなどいません。その人は、マインドの中でそれらがもともと持っていない力を認め、その力をそれらにではなく、それらに対する自分の見解に与えてしまうのですが、それは自分の性質における弱い側面にそれらの力を与えるということなのです。実際にその人を妨げている「不足」は、マインドの正しい態度の不足です。その人が、自分の置かれた状況を己の秘めた力を駆り立てる機会として捉え、いわゆる障害と呼ばれるものは達成に向けて首尾よく登るための階段なのだと理解するとき、その人の不足が発明を生み出し、「妨害物」が助けに変化するのです。

己の状況に不平を言う人は、まだ自立した人になっていません。


The man is the all-important factor.

A man imagines lie could do great things if he were not hampered by circumstances—by want of money, want of time, want of influence, and want of freedom from family ties. In reality the man is not hindered by these things at all. He, in his mind, ascribes to them a power which they do not possess, and he submits, not to them, but to his opinions about them, that is, to a weak element in his nature. The real "want" that hampers him is the want of the right attitude of mind. When he regards his circumstances as spurs to his resources, when he sees that his so-called drawbacks are the very steps up which he is to mount successfully to his achievement, then his necessity gives birth to invention, and the " hindrances " are transformed into aids.

He who complains of his circumstances has not yet become a man.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月7日