0605architecture-3193730_1280
事象の世界と対になるのは思考の世界です。

内面が外面に息を吹き入れます。大きなものが小さなものを取り囲みます。問題はマインドと相対しています。出来事は思考の流れです。状況とは、関わっている人それぞれの思考と、外面の状態と、他者の行動が組み合わされたもので、その人自身の精神が欲していることと、精神の発達の度合いが密接に関係しています。人は身の回りの環境の一部です。人は自分の仲間から切り離された存在ではなく、特有の間柄と行動の相互作用、そして人間社会の基礎である思考の基本的法則によって親密に結びついているのです。

人は誰も、自分の一時の気まぐれや願いに合わせて外側の物事を変えることはできませんが、自分の気まぐれや願いを気に留めないでいることはできます。そうして人は、異なった側面を見せるように、外側に対する自分のマインドの態度を変えることができるのです。人は、自分に対する他者の行動を形作ることはできませんが、他者に対する自分の行動を適切な形にすることはできます。

事象は思考に続きますーーあなたの思考を変えれば、事象は新しい修正に応じるのです。


The world of things is the other half of the world of thoughts.

The inner informs the outer. The greater embraces the lesser. Matter is the counterpart of mind. Events are streams of thoughts. Circumstances are combinations of thought, and the outer conditions and actions of others in which each man is involved, are intimately related to his own mental needs and development. Man is a part of his surroundings. He is not separate from his fellows, but is bound closely to them by the peculiar intimacy and interaction of deeds, and by those fundamental laws of thought which are the roots of human society.

One cannot alter external things to suit his passing whims and wishes, but he can set aside his whims and wishes; he can so alter his attitude of mind towards externals, that they will assume a different aspect. He cannot mould the actions of others towards him, but he can rightly fashion his actions towards them.

Things follow thoughts. Alter your thoughts, and things will receive a new adjustment.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月5日