0604soap-bubbles-817094_1280
卑小なマインドの人と偉大なハートの人は、たとえ二人が隣人だったとしても、二つの異なる世界に暮らしています。

「天の王国」は暴力によって征服されることはなく、その原則に従う人が暗号を受け取ります。悪党は悪党の社会の中を動きまわり、聖者は神聖なる音楽を共にする仲間の一人に選ばれるのです。人はすべて、外側にその人自身を映し出す鏡です。人と物の世界を見ている人はすべて、自分自身を映し返す鏡を見ているのです。

人はみなそれぞれ、限定された、または広々とした自分自身の考えの円の中を動き回っていて、その円の外側にあるものすべては、その人にとって存在しないものなのです。人は、自分がなったことのあるものだけしか知りません。人は、限界が狭ければ狭いほど、これ以上の限界も、その他の円も存在しないと、より強く確信してしまいます。小が大を含むことはできず、人はより大きなマインドを捕らえる術を持ちませんーーそのような知識へは、成長することによってのみ達するのです。

人は、学生のように、それぞれの無知や知識の度合いで割り当てられた段階や学級で、自分自身を発見するのです。


The small-minded man and the large-hearted man live in two different worlds though they be neighbours.

The kingdom of heaven is not taken by violence, but he who conforms to its principles receives the password. The ruffian moves in a society of ruffians; the saint is one of an elect brotherhood whose communion is divine music. All men are mirrors reflecting according to their own surface. All men, looking at the world of men and things, are looking into a mirror which gives back their own reflection.

Each man moves in the limited or expansive circle of his own thoughts, and all outside that circle is non-existent to him. He only knows that which he has become. The narrower the boundary, the more convinced is the man that there is no further limit, no other circle. The lesser cannot contain the greater, and he has no means of apprehending the larger minds ; such knowledge comes only by growth.

Men, like schoolboys, find themselves in standards or classes to which their ignorance or knowledge entitles them.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月4日