0603road-58854_1280
人が低い領域か高い領域のどこに存在するかは、ぞれぞれの人の思考の性質によって決まります。

疑い深く、強欲で、嫉妬深いマインドの人のことを考えてみてください。その人の目には、すべてがどれだけつまらなく、ケチくさく、がっかりするものに映るでしょうか。その人は自分に威厳がないためにどこにも威厳を見いださず、自分が下劣であるが故にどんな存在の中にも高潔さを見ることができず、自分自身が利己的なために最も尊い無私の行動の中にもケチでさもしい動機だけを見つけるのです。

今度は、疑う事を知らず、気前がよく、寛大なマインドの人のことを考えてみてください。その人の世界はどれだけ素晴らしく美しいでしょうか。その人は人々を誠実な存在だと見ていて、その人にとって人々は誠実なのです。その人の前では最もケチな人でさえも己の性質を忘れ、それがたとえ一時的な高揚の中での混乱だったとしても、より高い物事の秩序や、計り知れないほど崇高で幸せな人生をおぼろげながら感知して、その瞬間だけその人のようになるのです。

暗くて憎しみにあふれた考えを巡らせることを止め、明るく美しい考えを大切にしてください。


Men live in spheres low or high according to the nature of their thoughts.

Consider the man whose mind is suspicious, covetous, envious. How small and mean and drear everything appears to him. Having no grandeur in himself, he sees no grandeur anywhere, being ignoble himself, he is incapable of seeing nobility in any being; selfish as he himself is, he sees in the most exalted acts of unselfishness only motives that are mean and base.

Consider again the man whose mind is unsuspecting, generous, magnanimous. How wondrous and beautiful is his world. He sees men as true, and to him they are true. In his presence the meanest forget their nature, and for the moment become like himself, getting a glimpse, albeit confused, in that temporary upliftment of a higher order of things, of an immeasurably nobler and happier life.

Refrain from harbouring thoughts that are dark and hateful, and cherish thoughts that are bright and beautiful.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月3日