0622geometry-1023846_1280
「スピリチュアルの原則」は、美徳の追求と実践の修養を長く積むことなくして達成することはできません。

学校の先生は、決して最初から数学の抽象的な原理を生徒たちに教えようとはしませんーーなぜなら、先生にはそのような教え方は非生産的であり、学習不可能であることがわかっているからです。先生はまず、とても簡単な計算問題を出し、説明をしてから生徒たちに問題を解かせます。生徒たちは不正解を重ね、何度もの再挑戦の末に正解を出すことに成功すると、前よりも難しい問題が出されるということを繰り返します。先生は、生徒たちが何年も勤勉に励んで算術の学習をすべて終えるまでは、根底にある数学の原理を明らかにすることはありません。

このように、世界の平凡な物事においても必ず実践が知識の先にくるのであって、スピリチュアルな物事において、高尚な人生を生きることにおいて、この法則は厳密に成り立つのです。


Spiritual Principles can only be acquired after long discipline in the pursuit and practice of Virtue.

The schoolmaster never attempts to teach his pupils the abstract principles of mathematics at the commencement; he knows that by such a method teaching would be vain, and learning impossible. He first places before them a very simple sum, and, having explained it, leaves them to do it. When, after repeated failures and ever-renewed effort, they have succeeded in doing it correctly, a more difficult task is set them, and then another and another; and not until the pupils have, through many years of diligent application, mastered all the lessons in arithmetic does he attempt to unfold to them the underlying mathematical principles.

Thus practice ever precedes knowledge even in the ordinary things of the world, and in spiritual things, in the living of the higher life, this law is rigid in its exactions.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月22日