0620sandis-helvigs-W6whx1017pg-unsplash 憎しみは人々の人生を断絶し、迫害を助長し、そして国々を無慈悲な戦争の中に投げ込みます。

人々は、平和がないどころか不和や動揺、争いのあるところで平和!平和!と泣き求めます。自己放棄と不可分の知恵から離れたところには、本物で永遠の平和はありえません。

社会生活の快適さ、一時的な満足、あるいは世俗的な勝利の結果としての平和は本質的にはかないものであり、激しい試練の熱に燃え尽きてしまいます。「天の平和」だけがあらゆる試練を耐えるのであり、無私のハートだけが「天の平和」を知ることができるのです。

神聖さだけが、不滅の平和です。そこに達するまで自制心が先導し、輝きを増し続ける「知恵の光」が旅人の道を照らす案内をします。美徳の道に足を踏み入れるとすぐに、その平和の性質がいくぶん帯びてきますが、汚れのない人生が完成する中で自己が消えたときに初めて、完全に実現するのです。

この内なる平和、この静寂、この調和、この愛が「天の王国」です。


Hatred severs human lives, fosters persecution, and hurls nations into ruthless war.

Men cry peace ! peace ! where there is no peace, but, on the contrary, discord, disquietude, and strife. Apart from that wisdom which is inseparable from self-renunciation, there can be no real and abiding peace.

The peace which results from social comfort, passing gratification, or worldly victory is transitory in its nature, and is burnt up in the heat of fiery trial. Only the Peace of Heaven endures through all trial, and only the selfless heart can know the Peace of Heaven.

Holiness alone is undying peace. Self-control leads to it, and the ever-increasing Light of Wisdom guides the pilgrim on his way. It is partaken of in a measure as soon as the path of virtue is entered upon, but it is only realized in its fullness when self disappears in the consummation of a stainless life.

This inward peace, this silence, this harmony, this love is the Kingdom of Heaven.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月20日