0602eyecatch-fence201911-800x450
人は幸福と不幸の作り手です。

マインドの固定した態度が行動の方向性を決定し、行動の方向性から幸せと不幸せを作る反応が生じるのです。このことから、反応である状況を変えるためには、人は能動的な思考を変えなければならないことが導き出されます。不幸を幸福に置き換えるためには、不幸の原因となっているマインドの固定した態度と習慣化した行動の方向性を逆転させる必要があり、逆転の結果がマインドと人生に現れてくることになります。人は、利己的に考え行動している間は幸せになる能力を持たず、無私の思考や行動を行っている間は不幸せになることはありません。原因があれば必ず結果が生じます。人は結果を取り消すことはできませんが、原因を変えることはできます。人は自分自身の本質を清らかにし、性格を作り替えることができるのです。自己征服には大きな力がみなぎり、自分を変えることには大きな喜びがあります。

人はみなそれぞれ、自分自身の思考に取り囲まれているのです。


Man is the maker of happiness and misery.

Fixed attitudes of mind determine courses of conduct, and from courses of conduct come those reactions caned happinesses and unhappinesses. This being so, it follows that, to alter the reactive condition, one must alter the active thought. To exchange misery for happiness it is necessary to reverse the fixed attitude of mind and habitual course of conduct which is the cause of misery, and the reverse effect will appear in the mind and life. A man has no power to be happy while thinking and acting selfishly; he cannot be unhappy while thinking and acting unselfishly. Wheresoever the cause is, there the effect will appear. Man cannot abrogate effects, but he can alter causes. He can purify his nature; he can remould his character. There is great power in self-conquest; there is great joy in transforming oneself.

Each man is circumscribed by his own thoughts.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月2日