0618the-beginning-of-spring-4885642_1280
それがどれだけ地味であろうとも、私利私欲なく、喜びに満ちた犠牲をもって行われた務めであれば、そこには本当の奉仕と不滅の成果があります。

あるひとつの偉大で神聖な教えの学びが、この世界には与えられていますーーそれは、完全なる無私無欲の学びです。あらゆる時代の聖人、賢人、そして救済者たちは、この課題に身を捧げ、学び、生きました。世界のあらゆる経典は、このひとつの学びを教えるために編まれ、すべての偉大な教師たちが繰り返し述べてきました。それは、この教えをあざけり、利己心の入り組んだ道をつまずきながら進む世界にとって、あまりにも単純な学びです。

この正義の探究は「真実と平和の道」を歩くことであり、この「道」に足を踏み入れた人は、まもなく生と死から独立した「不死」を認識し、宇宙の神聖な実利においては、最も地味な努力も損なわれないことに気づきます。世界は、あらゆる魂がひとつ残らず己の神聖さに気づくという至福に足を踏み入れるまで、その長い行程を終えることはありません。

清らかなハートとは、あらゆる宗教の終着点であり、神聖さの始まりなのです。


Where duties, howsoever humble, are done without self-interest, and with joyful sacrifice, there is true service and enduring work.

It is given to the world to learn one great and divine lesson—-the lesson of absolute unselfishness. The saints, sages, and saviours of all time are they who have submitted themselves to this task, and have learned and lived it. All the scriptures of the world are framed to teach this one lesson, all the great teachers reiterate it. It is too simple for the world which, scorning it, stumbles along in the complex ways of selfishness.

To search for this righteousness is to walk the Way of Truth and Peace, and he who enters this Way will soon perceive that Immortality which is independent of birth and death, and will realize that in the divine economy of the universe the humblest effort is not lost. The world will not have finished its long journey until every soul has entered into the blissful realization of its own divinity.

A pure heart is the end of all religion and the beginning of divinity.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月18日