0617mountains-4429382_1280
すべての人に対する愛の中で自己を葬り去ることが、ただ一つの本当の奉仕です。

己の利己心と絶えず戦い、すべてを抱く愛が利己心を超えるよう努力する人は誰であれーーたとえ小屋に住んでいようが富と権力の中にいようが、説教する人であろうが無名の人であろうがーー聖人なのです。

より高尚な物事に対する大望を抱き始めた俗人にとって、心優しきアッシジの聖フランチェスコあるいは超克の聖アントニオのような聖人は、輝かしく心揺さぶる存在です。彼ら聖人にとって、同じように魂を奪われるのは、誘惑が決して届かない場所にいて、もはや後悔や良心の呵責に苦しめられることはなく、罪や悲しみの覇者として穏やかに神聖な佇まいで座っている賢人の存在です。そして、その賢人でさえも、無私の務めにおいてその知識を積極的に現し、人類の痛み悲しむハートにその身を沈めることで自身の神聖さを善のために有効に行使する、「救世主」の偉大な栄光の姿に突き動かされるのです。

個人を超えた務めだけが、生き残ることができます。


This only is true service to forget oneself in love towards all.

Whoever fights ceaselessly against his own selfishness, and strives to supplant it with all-embracing love, is a saint, whether he live in a cottage or in the midst of riches and influence ; or whether he preaches or remains obscure.

To the worldling, who is beginning to aspire towards higher things, the saint, such as a sweet St. Francis of Assisi, or a conquering St. Anthony, is a glorious and inspiring spectacle; to the saint, an equally enrapturing sight is that of the sage, sitting serene and holy, the conqueror of sin and sorrow, no more tormented by regret and remorse, and whom even temptation can never reach; and yet even the sage is drawn on by a still more glorious vision, that of the Saviour actively manifesting His knowledge in selfless works, and rendering His divinity more potent for good by sinking Himself in the throbbing, sorrowing heart of mankind.

Only the work that is impersonal can live.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月17日