0616marguerites-381222_1280
人は肉体を永遠のものにすることはできません。

多種多様な生の最大の本質は、変化すること、永久的でないこと、耐久性を持たないことです。本質の「原則」だけが時を超えます。本質は多数あり、分離によって特徴づけられます。「原則」はひとつであり、結束によって特徴づけられます。感覚や内面の利己心を乗り越えること……いわば本質を乗り超えることで、人は個性や幻想の殻から抜け出して、朽ちゆくものすべての起源である個人を超えた栄光の光の中へ、「真実」の領域の中へと飛んでいくのです。

それ故に、人々には克己を実践させ、動物的な傾向に打ち勝つようにさせ、贅沢や快楽に縛られることを拒絶させ、最後には「神聖なるもの」に達するまで、日々より高くそしてかつてないほど高い美徳に達するほどに美徳を実践させましょう。

「神」の意識状態を実現することによってのみ、人は不死に足を踏み入れるのです。


Man cannot immortalize the flesh.

All nature in its myriad forms of life is changeable, impermanent, unenduring. Only the informing Principle of nature endures. Nature is many, and is marked by separation. The informing Principle is one, and is marked by unity. By overcoming the senses and the selfishness within, which is the overcoming of nature, man emerges from the chrysalis of the personal and illusory, and wings himself into the glorious light of the impersonal, the region of Truth, out of which all perishable forms come.

Let men, therefore, practise self-denial ; let them conquer their animal inclinations ; let them refuse to be enslaved by luxury and pleasure ; let them practise virtue, and grow daily into higher and ever higher virtue, until at last they grow into the Divine.

Only by realzing the God state of consciousness does man enter into immortality.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月16日