0615churchyard-3545000_1280
己の魂が、どんな形であれ利己心に曇らされているとき、人はスピリチュアルな識別力を失い、一時的なものと永遠なるものとを混同してしまいます。

人々は、まるでそれが永遠なるものであるかのように肉体に執着して満たそうとします。そして、人々は肉体の死滅が近づいていて避けられないのを忘れようと試みるのですが、死の恐怖と執着しているものすべての消失が、楽しいはずの時間を曇らせ、自分たち自身の利己心の冷たい影が、無慈悲な怪物となって追いかけてくるのです。

いっときの快適さと贅沢の積み重ねで内面の神聖さは眠らされ、人々は物質性の中に、朽ちる宿命にある感覚の生の中により深く深く沈んでしまいます。そして、それなりの知性と、肉体の不死性に関する理論が登場すると、それこそが絶対的な真実だと評価されるようになるのです。

この宇宙において、朽ちる宿命にあるものが永遠なるものになることは決してありませんーー永遠なるものが死んでしまうことはあり得ないのですから。


When a man's soul is clouded with selfishness in any or every form, he loses the power of spiritual discrimination, and confuses the temporal with the eternal.

Men cling to and gratify the flesh as though it were going to last for ever, and though they try to forget the nearness and inevitably of its dissolution, the dread of death and of the loss of all that they cling to clouds their happiest hours, and the chilling shadow of their own selfishness follows them like a remorseless spectre.

And with the accumulation of temporal comforts and luxuries, the divinity within men is drugged, and they sink deeper and deeper into materiality, into the perishable life of the senses ; and where there is sufficient intellect, theories concerning the immortality of the flesh come to be regarded as infallible truths.

The perishable in the universe can never become permanent ; the permanent can never pass away.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月15日