0614glass-3097577_1280
「知恵」「愛」「平和」である「永遠なる法則」との完全なる調和へと足を踏み入れてください。

この神聖な状態は、これからにおいても、単なる一個人に理解できるものではありません。個性、独自性、利己主義は同じものであり同じことで、知恵と神聖さの対照にあります。個性を完全に放棄することで独自性と利己主義が止み、人は神聖なる生来の不死性と無限性を有するようになるのです。

そのような個性の放棄は、世俗的で利己的なマインドの人にとっては、あらゆる災いの中で最も悲惨で、最も取り返しのつかない損失のように思えるのですが、実際は比類なき究極の祝福であり、ただ一つの本物で永続する進歩なのです。存在の内的な法則や、己の人生の本質と運命に無自覚なマインドは、つかの間の外見や永続的な実体のない物事に執着しますが、己の幻想が粉々になった残骸の真ん中で、一時的に執着が消えるのです。

「愛」は普遍であり、至上であり、すべてを満たすーーこれが無私の愛の気づきです。


Enter into perfect harmony with the Eternal Law, which is Wisdom, Love, and Peace.

This divine state is, and must ever be, incomprehensible to the merely personal. Personality, separateness, selfishness, are one and the same, and are the antithesis of wisdom and divinity. By the unqualified surrender of the personality, separateness and selfishness cease, and man enters into the possession of his divine heritage of immortality and infinity.

Such surrender of the personality is regarded by the worldly and selfish mind as the most grievous of all calamities, the most irreparable loss, yet it is the one supreme and incomparable blessing, the only real and lasting gain. The mind unenlightened upon the inner laws of being and upon the nature and destiny of its own life clings to transient appearances, things which have in them no enduring substantiality, and so clinging, perishes, for the time being, amid the shattered wreckage of its own illusions.

Love is universal, supreme, all-sufficing. This is the realization of selfless love.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月14日