0613ocean_smallstones2019
「永遠なるハート」の安らかなる「現実」ーー。

人の心は「無限なるもの」から切り離されることはなく、まさに「無限なるもの」で満たされ得るものです。事象の夢の世界を彷徨うのを止めるまではハートに痛みの苦しみがのしかかり続け、悲しみの影が道を暗くしたとしても、やがては「永遠なるもの」の現実に帰郷するのです。

海から切り離された最小の水滴に、海のあらゆる要素が含まれているように、意識のうえで「無限なるもの」から切り離された人も、「無限なるもの」と同じものを内に含んでいます。そして、水滴が自然の法則によって最終的には海に戻る道を見つけ、海の静かな深淵に失われていくように、人も確固たる存在の本質の法則によって最後には根源に戻り、「無限なるもの」のハートの中に失われるのです。

「無限なるもの」とひとつになることが、人の目標です。


The restful Reality of the Eternal Heart.

The spirit of man is inseparable from the Infinite, and can be satisfied with nothing short of the Infinite, and the burden of pain will continue to weigh upon man’s heart, and the shadows of sorrow to darken his pathway, until, ceasing from wanderings in the dream-world of matter, he comes back to his home in the reality of the Eternal.

As the smallest drop of water detached from the ocean contains all the qualities of the ocean, so man, detached in consciousness from the Infinite, contains within himself its likeness; and as the drop of water must, by the law of nature, ultimately find its way back to the ocean and lose itself in its silent depths, so must man, by the unfailing law of his nature, at last return to his source, and lose himself in the heart of the Infinite.

To become one with the Infinite is the goal of man.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月13日