0611andrew-rice-8-xIvmltl2U-unsplash
肉体はマインドが具現したものです。

肉体的に苦しんでいる人が、自分のマインドを道徳と調和の原則に則って形作り始めたからといって、必ずしも直ちに治癒するわけではありません。それどころか、体が危機をもたらし、これまでの不調和の結果を振りまいている間は、一時的に、病の症状が悪化したように見えるかもしれません。正義の道に足を踏み入れた人がすぐに完全な平和を得るのではなく、稀な場合を除いては、まずは適応するための苦しい時期を通り抜けなければならないように、肉体的に苦しむ人もまた、稀な場合を除いては、すぐに完全な健康を獲得するわけではないのです。肉体の改善は精神の改善同様に時間を要するもので、たとえもし健康に達していなくても、近づいてはいるのです。もしもマインドが強靭ならば、肉体の状況は二次的で従属的な位置づけになり、多くの人が与えてしまっている最重要の位置づけではなくなります。

精神の調和、または健全さが、肉体的な健康を促進します。


The body is the image of the mind.

One who suffers in body will not necessarily at once be cured when he begins to fashion his mind on moral and harmonious principles; indeed, for a time, while the body is bringing to a crisis, and throwing off the effects of former inharmonies, the morbid condition may appear to be intensified. As a man does not gain perfect peace immediately he enters upon the path of righteousness, but must, except in rare instances, pass through a painful period of adjustment, neither does he, with the same rare exception, at once acquire perfect health. Time is required for bodily as well as mental readjustment, and even if health is not reached, it will be approached. If the mind be made robust, the bodily condition will take a secondary and subordinate place, and will cease to have that primary importance which so many give to it.



Mental harmony, or moral wholeness, makes for bodily health.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月11日