0601heart-1394204_1280
献身的な労働への動機づけは宇宙に関する理論の中にあるのではなく、愛と慈しみの精神の中にあります。

人が、完全な正義は世界の霊的な統治において行われることに気づくとき、愛の精神は弱まるどころか強まり強化されますーーなぜなら、人々が苦しむのは彼らが理解せず、無知ゆえに間違いをおかしているからだということがわかるからです。「何不自由ない状態」にある人は、貧しい人よりも頻繁に大きな苦しみに巻き込まれ、他の人たちと同様に、幸せと苦しみが混ざった自分の収穫物を蓄えています。この「絶対の正義」の教えは、貧者よりも富裕者を勇気づけるというものではありません。利己的で横暴だったり、自分の富を誤用している富裕者たちには、その行いすべての結果を刈り取らなければならなくなると教える一方で、苦しみ抑圧されている人々には、彼らは今、かつて蒔いた種を刈り取っているのであり、清らかさと愛と平和の良い種を蒔けばすぐに良い収穫も刈り取り、今の苦しみから抜け出すことになるということを教えるのです。

あらゆる身勝手さからくる辛い結果は、直面され通り抜けられねばなりません。


The incentive to self-sacrificing labour does not reside in any theory about the universe, but in the spirit of love and compassion.

The spirit of love does not decrease when a man realizes that perfect justice obtains in the spiritual government of the world; on the other hand, it is increased and intensified, for he knows that men suffer because they do not understand, because they err in ignorance. "The comfortably conditioned" are frequently involved in greater suffering than the poor, and, like others, are garnering their own mixed harvest of happiness and suffering. This teaching of Absolute Justice is not more encouraging for the rich than for the poor, for while it tells the rich, who are selfish and oppressive, or who misuse their wealth, that they must reap the results of all their actions, it also tells the suffering and oppressed that, as they are now reaping what they have formerly sown, they may, and surely will, by sowing the good seeds of purity, love, and peace, shortly also reap a harvest of good, and so rise above their present woes.

The painful consequences of all self-seeking must be met and passed through.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年6月1日