0727woman-4342930_1280
それが骨董品であろうが人であろうが、偽物に価値はありません。

自分以外の何者かになろうとせず、美徳を装ったり、身分の高さを当然と思ったり、ごまかしを身につけたりすることなく、真実の存在であることがとても大切です。偽善者は、自分が世界や世界を司る永遠の法則の目をごまかすことができると考えていますが、本当は自分自身の目をごまかしているだけであり、その結果、世界の法則による正しい報いを受けることになるのです。とても邪悪な人々は消滅してしまうという古い仮説があります。私は、フリをする人になることが、人が消滅するということに限りなく近いのではないかと思うのですーーなぜなら、フリをすることでその人自身はどこかへ消えてしまい、その人自身の代わりに、見せかけの幻があるだけなのですから。

健全なハートを持つ人は模範となりますーーその人はただの人ではなく、現実であり、力であり、原則のかたなのです。


Spurious things have no value, whether they be bric-a-brac or men.

It is all-important that we be real; that we harbour no wish to appear other than what we are; that we simulate no virtue, assume no excellency, adopt no disguise. The hypocrite thinks he can hoodwink the world and the eternal law of the world. There is but one person that he hoodwinks, and that is himself, and for that the law of the world inflicts its righteous penalty. There is an old theory that the excessively wicked are annihilated. I think to be a pretender is to come as near to annihilation as a man can get, for there is a sense in which a man is gone, and in his place there is but a mirage of shams.

The sound-hearted man becomes an exemplar: he is, more than a man; he is a reality, a force, a moulding principle.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月27日