0726pexels-simon-berger-758380
心遣いや親切心から善良な振る舞いをする寛大な人は、どんな素性であれ、常に愛されます。

寛大さにおいて自分自身を完成させた人は、決して口論したりしません。その人は決して厳しい言葉を返さず、そのまま放っておくか、怒りよりも遥かに力強い穏やかな言葉で応じます。寛大さは知恵と結びついていて、その賢明な人は自分自身のすべての怒りに打ち勝っているので、他者の怒りに打ち勝つ術を理解しているのです。寛大な人は、節度のない人々を悩ませる障害や混乱からほぼ免れています。節度のない人々が無駄で不必要な努力で自分たち自身をすり減らしている間、寛大な人は冷静で落ち着いています。そして、そのような冷静さと落ち着きは、人生の戦いに勝利する力なのです。

議論は外皮を分析しますが、思いやりはハートに届きます。


A gentle man—one whose good behaviour is prompted by thoughtfulness and kindliness—is always loved, whatever may be his origin.

The man who has perfected himself in gentleness never quarrels. He never returns the hard word; he leaves it alone, or meets it with a gentle word, which is far more powerful than wrath. Gentleness is wedded to wisdom, and the wise man has overcome all anger in himself, and so understands how to overcome it in others. The gentle man is saved from most of the disturbances and turmoils with which uncontrolled men afflict themselves. While they are wearing themselves out with wasteful and needless strain, he is quiet and composed, and such quietness and composure are strong to win in the battle of life.

Argument analyses the outer skin, but sympathy reaches to the heart.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月26日