0724sasha-freemind-nXo2ZsKHTHg-unsplash
思いやりの欠如は利己主義に芽生え、思いやりは愛に芽生えます。

思いやりは、私たちをあらゆる人のハートに繋げます。そうして私たちは人々と精神的にひとつになり、彼らが苦しめば私たちも苦しみ、彼らが喜べば私たちも共に祝い、彼らが軽視されて虐げられれば私たちも精神的に深く沈み、彼らの屈辱と苦悩を自分たちのハートに感じるのです。自分を人々に繋げてひとつにするような思いやりの心を持つ人は、冷笑的にも非難的にもなることはできず、人々に対して思いやりのない非情な裁きを下すこともありませんーーなぜならその人は、自身の優しいハートの中で、いつでも人々の痛みと共にあるからです。

しかし、このような成熟した思いやりに至るまでには、大いに愛し、大いに苦しみ、悲しみの深い闇に潜らなければなりません。思いやりは、自惚れや浅はかさ、利己主義がハートから焼き出されるほどに、最も深淵な経験をすることで生じるのです。

本当の深淵な感覚としての思いやりとは、懸命さや苦しみにおいて、他者とひとつになることです。


Lack of sympathy arises in egotism; sympathy arises in love.

Sympathy leads us to the hearts of all men, so that we become spiritually united to them, and when they suffer we feel the pain ; when they are glad, we rejoice with them ; when they are despised and persecuted, we spiritually descend with them into the depths, and take into our hearts their humiliation and distress ; and he who has this binding, uniting spirit of sympathy can never be cynical and condemnatory, can never pass thoughtless and cruel judgments upon his fellows, because in his tenderness of heart he is ever with them in their pain.

But to have reached this ripened sympathy, it must needs be that he has loved much, suffered much, and sounded the dark depths of sorrow. It springs from acquaintance with the profoundest experiences, so that a man has had conceit, thoughtlessness, and selfishness burnt out of his heart.

Sympathy, in its real and profound sense, is oneness with others in their strivings and sufferings.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月24日