0723flowers-703977_1280
人は、その素早い行動で試されるのであって、過度な感情表現で試されるのではありません。

思いやりは、種も果実も残さずにやがて消えてしまう可憐な根なし花のような、薄っぺらい感傷と混同されるべきではありません。友人との別れのときや、外国での惨状を耳にしたときヒステリックに泣くことは、思いやりではありません。非情や他者の不正に対する激しい憤りの爆発は、どちらも思いやりのあるマインドの兆候ではないのです。もし誰かが家では非情で、配偶者を悩ませたり、子供を叩いたり、使用人を粗末に扱ったり、隣人に皮肉を浴びせているのなら、その人が、自身の直接的な影響が及ぶ範囲の外で苦しむ人々に対する愛を公言したところで、とんだ偽善です。その人が世界の不公平や冷酷さに対する憤りを爆発させている感情の、なんと薄っぺらいことか!

思いやりは、献身的で優しい一貫した性格の中に現れる、深くて名状しがたい素質なのです。


The test of a man is in his immediate acts, and not in his ultra sentiments.

Sympathy should not be confounded with that maudlin and superficial sentiment which, like a pretty flower without root, presently perishes and leaves behind neither seed nor fruit. To fall into hysterical weeping when parting with a friend, or on hearing of some suffering abroad, is not sympathy. Neither are bursts of violent indignation against the cruelties and injustices of others any indication of a sympathetic mind. If one is cruel at home—if he badgers his wife, or beats his children, or abuses his servants, or stabs his neighbours with shafts of sarcasm— what hypocrisy is in his profession of love for suffering people who are outside the immediate range of his influence! What shallow sentiment informs his bursts of indignation against the injustices and hard-heartedness in the world around him!

Sympathy is a deep, inexpressible tenderness which is shown in a consistently self-forgetful, gentle character.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月23日