0721drop-of-water-178892_1280
無知な人は、不正直さが繁栄への近道だと思い込んでいます。

正直さが成功への確実な方法です。天からの資質は、不正直な人が悲しみと苦しみの中で後悔してようやく現れますが、正直でいれば、はなから誰も後悔などする必要がないのです。正直な人も、活力、経済力、または組織力などの支えが不足することで、時には失敗することがありますが、不正直な人が失敗するときのような、悲痛な出来事ではありませんーーなぜなら、正直な人は自分が誰のことも決してだましたりしていないという事実を、いつでも喜ぶことができるからです。正直な人は、自分が最も暗闇にいるときでさえも、澄んだ良心の中に休息を見つけます。

不正直な人は、道徳的に浅はかなのです。


Ignorant men imagine that dishonesty is a short cut to prosperity.

Honesty is the surest way to success. The clay at last comes when the dishonest man repents in sorrow and suffering ; but no man ever needs to repent of having been honest. Even when the honest man fails—as he does sometimes through lacking other of those pillars, such as energy, economy, or system—his failure is not the grievous thing that it is to the dishonest men, for he can always rejoice in the fact that he has never defrauded a fellow-being. Even in his darkest hour he finds repose in a clear conscience.

The dishonest man is morally short-sighted.
『ジェームズ・アレン365日 毎日の瞑想(原題:James Allen’s book of meditations for Every Day in the Year)』より
ジェームズ・アレン(James Allen, 1864-1912)
ブログ運営者イワタ翻訳
翻訳公開日 2021年7月21日